サンジゲン発オリジナルアニメ「ブブキ・ブランキ」 2016年1月より放送開始

ニュース

3DCGを中心としたアニメーション制作を手がけるサンジゲンの設立10周年を記念したオリジナルテレビアニメの製作が決定した。タイトルは『ブブキ・ブランキ』。2016年1月より放送予定だ。

タイトルと合わせてスタッフも公開された。監督はテレビアニメ『キルラキル』の演出などを手がけた小松田大全さんが務める。キャラクターデザインはゲーム『NO MORE HEROES』や『ファイアーエムブレムif』などで知られるコザキコースケさん。さらにシリーズ構成・脚本にゲーム『428 ~封鎖された渋谷で~』でタッグを組んだイシイジロウさんと北島行徳さん、音楽は『四月は君の嘘』や『心が叫びたがってるんだ。』の横山克さんが担当する。
主題歌アーティストも決定している。オープニングテーマは鈴木このみさん、エンディングテーマをMYTH&ROIDが担当する。

また11月10日よりティザーサイトが公開となった。こちらは更新するたびにデザインが切り替わり、複数のキャラクターとフレーズが浮かぶ上がる。フレーズには「俺は、戦う。槍で貫く。」「私は、戦う。撃鉄を起こす。」などがあり、どこかバトル要素を彷彿とさせる。
まだストーリーやキャストは明らかとなっておらず、まだまだ未知な部分は多い。引き続き続報を待ちたい。

サンジゲンは、3DCGによるアニメーション制作に定評があるCGスタジオだ。2013年のTVシリーズ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』では、フルCGでは難しいとされてきた美少女系のキャラクターを見事に描き切り好評を得た。つねに新しい挑戦を続けているアニメーションスタジオだけに、今回のオリジナル作品『ブブキ・ブランキ』にも大きな期待がかかる。

『ブブキ・ブランキ』
(C)Quadrangle / BBKBRNK Partners
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集