「ウタカタ・オーバードライブ」制作発表会 水島精二の参画が発表

ニュース

10月31日、「音楽×物語(オトガタリ)」マルチメディアプロジェクト『ウタカタ・オーバードライブ』の制作発表会が東京・中野で開催された。
会場となった中野セントラルパークイーストICTCOには、監督の水島精二さん、原案・原作の天音トウさん、原案・キャラクターデザインのNOB-Cさん、プロジェクトプロデューサーの長谷川洋輔さんが登壇。MCは声優の五十嵐裕美さんと湯浅かえでさんが務め、本作についてトークを繰り広げた。

『ウタカタ・オーバードライブ』制作発表会はイベント「中野文化祭2015 ~世界は中野に恋をする。~」内のICTCO特設ブースにて行なわれた。まずティザー映像が上映され、作品のキーワードである「音楽×物語」をテーマに、ストーリーと音楽が密接に絡み合いながら進行していくことが明らかになった。
本作の舞台は架空の世界である惑星ノード。そこでは歌えなくなった人類と、歌うことができる種族がバディを組み、歌と音楽を武器に争いを続けている。音と作る「オトカタ」と曲を歌う「ウタカタ」が互いに協力するというユニークな世界観となった。

トークショーでは水島精二監督のプロジェクト参画が明らかになり、キャストの募集や作中楽曲の制作、そして40分尺のオリジナルアニメーション第一弾の制作開始が発表された。さらにカプコンのアーケード音楽ゲーム「crossbeats REV.」との連動も決定し、多彩な分野で作品を盛り上げていくことになった。
またキービジュアルとして、メインキャラクターのチハヤとカーラが公開。それぞれのキャラクターがどのような楽曲を歌い上げるのだろうか。今後参加するアーティストやキャストにも注目したい。『ウタカタ・オーバードライブ』は2016年よりプロジェクトが本格始動する。
[高橋克則]

『ウタカタ・オーバードライブ』
(C) 天音トウ・NOB―C/ultraCeep Inc./コードマイスター運営本部
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集