東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア 「声優の演技力に刺激を受け挑戦的な映像になった」 | アニメ!アニメ!

東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア 「声優の演技力に刺激を受け挑戦的な映像になった」

イベント・レポート

東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
  • 東京国際映画祭「亜人 -衝動-」ワールドプレミア
第28回東京国際映画祭において、桜井画門原作の劇場アニメ『亜人 -衝動-』のワールドプレミアが10月28日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。本編上映後には舞台挨拶が行われた。永井圭役の宮野真守さん、海斗役の細谷佳正さん、戸崎役の櫻井孝宏さん、下村泉役の小松未可子さん、田中功次役の平川大輔さん、永井慧理子役の洲崎綾さん、総監督の瀬下寛之さん、監督の安藤裕章さんが登壇した。

宮野さんは完成した映像を見た感想について聞かれると「面白かった! プレスコで収録して、声のお芝居に合わせて画を作ることで、こんな世界観になるのかと圧倒あされました。こんな序章をみせられたら期待せざるを得ない。そんな中に永井圭としていられて幸せです」と自信をのぞかせた。
また、「ハリウッド映画みたいだった」と答えた細谷さんはその理由を「実写みたいな雰囲気の映像になっています。収録中もスタッフさんが忙しそうに動き回っているのを見て、大きな作品が動いているんだと感じていました」。
次いで櫻井さんは「想像を上回る、人間の本能に訴えかけるような映像になっています。生きるって何だろうと考えさせられる作品になっています」とコメント。

続いての質問は、演じてみた感想や魂を注いだシーン、お気に入りのシーンについて。「普段のアニメだと見られないような細かな動きやしぐさがつめこまれています」と小松さん。
平川さんは「田中がなぜ人間を憎むようになったのか泣きながら怒りがこみ上げてくるシーンは、どういう表現になるだろうと収録までずっと考えたシーン」と、自分自身でも印象に残ったシーンだという。洲崎さんは「喋っていないキャラクターの仕草も作り込まれていたりと、キャラクターが豊かになって素敵なフィルムになっています」と紹介した。

さらに瀬下総監督は「収録した音声を清音した時に、これはラジオドラマとしても素晴らしいクオリティだと思いました。それに対してアニメーターやアーティストら制作スタッフはどう応えられるのか。刺激を受けて非常に挑戦的な映像になりました」と熱い語り。
安藤監督は「みなさんの演技力に支えられました。それに負けない形で映像を作ってくれたポリゴン・ピクチュアズのみなさんにもお礼を言いたいです」と感謝を示した。

『亜人 -衝動-』は、決して死なない新人類・亜人とそれを追う日本政府の戦いを、斬新なアクションと緻密な心理描写で描くバトル・サバイヴ・サスペンス『亜人』(桜井画門/『good! アフタヌーン』連載)をアニメ化。劇場3部作として公開される。
『シドニアの騎士』で高い評価を獲得したポリゴン・ピクチュアズが制作した。2016年1月からテレビシリーズも公開される。
[川俣綾加]

劇場アニメ3部作 第1部『亜人 -衝動-』
2015年11月27日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開
配給:東宝映像事業部
上映時間:105分 PG-12指定
(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
《川俣綾加》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「ガンダムUC」シリーズ初のMX4D上映 福井晴敏&古橋監督も興味津々 画像 「ガンダムUC」シリーズ初のMX4D上映 福井晴敏&古橋監督も興味津々
  • 「ガラスの花と壊す世界」東京国際映画祭でプレミア上映 スタッフが「感無量」 画像 「ガラスの花と壊す世界」東京国際映画祭でプレミア上映 スタッフが「感無量」

特集