「攻殻機動隊 新劇場版」浮世絵第二弾 描き下ろしの「桜の二十四時間監視之図」 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊 新劇場版」浮世絵第二弾 描き下ろしの「桜の二十四時間監視之図」

ニュース

広大なネット上で話題となった『攻殻機動隊』の浮世絵第2弾が明らかになった。この商品は、『攻殻機動隊』を本格的な浮世絵で表現するシリーズだ。
第2弾は『攻殻機動隊 新劇場版 ~桜の二十四時間監視之図~』に決定、『攻殻機動隊 新劇場版』の黄瀬和哉総監督が新規に描き下ろす。予約販売は10月30日よりスタートする。

第2弾でテーマとなった『攻殻機動隊 新劇場版』は、2015年5月に公開された話題作である。10月28日にはBlu-rayとDVDが発売したばかりだ。
映画は『攻殻機動隊』の25周年記念に製作された。これと合わせて日本の伝統文化でもシリーズを祝う。

すでに発売されている『攻殻機動隊 浮世絵』第1弾は、イラストの原画を沖浦啓之さんが担当した。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』でキャラクターデザイン、作画監督などを担当した沖浦さんらしいイラストが話題となった。

第2弾『攻殻機動隊 新劇場版 ~桜の二十四時間監視之図~』は黄瀬和哉総監督が、名シーンである「桜の二十四時間監視」をベースにした。『攻殻機動隊 新劇場版』に登場する公安9課のメンバー7人が描かれている。
主人公の草薙素子やタチコマは本編のままだが、和のタッチ、さらに和装など、普段見られないキャラクターの姿となった。キャラクター達が花見を楽しんでいるという貴重な画となった。

第2弾は「浮世絵」の伝統技術を用いて「手漉奉書和紙」に美しく再現される。黄瀬和哉総監督が描いた毛筆の署名も版画で再現され、伝統職人の技術が光る逸品となる。
浮世絵は限定300枚、2015年10月30日より予約が開始される。価格は43,200円(税込)で送料は別途支払いとなる。販売はオンラインショップ「OtakuWorksショップ」にて行われる。

『攻殻機動隊 新劇場版』
予約開始日: 2015年10月30日
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「電脳アニメ余話~攻殻新劇編~」最終回 遂に明かされた作品の真実?!勝手に読解 画像 「電脳アニメ余話~攻殻新劇編~」最終回 遂に明かされた作品の真実?!勝手に読解
  • 「電脳アニメ余話~攻殻新劇編~」第5回テーマは“素子の過去” 藤津亮太が動画で解説 画像 「電脳アニメ余話~攻殻新劇編~」第5回テーマは“素子の過去” 藤津亮太が動画で解説

特集