『シン・ゴジラ』2016年夏公開、庵野秀明総監督が放つ12年ぶりの「ジャパンゴジラ」  | アニメ!アニメ!

『シン・ゴジラ』2016年夏公開、庵野秀明総監督が放つ12年ぶりの「ジャパンゴジラ」 

ニュース

『シン・ゴジラ』2016年夏公開、庵野秀明総監督が放つ12年ぶりの「ジャパンゴジラ」 
  • 『シン・ゴジラ』2016年夏公開、庵野秀明総監督が放つ12年ぶりの「ジャパンゴジラ」 
  • 『シン・ゴジラ』2016年夏公開、庵野秀明総監督が放つ12年ぶりの「ジャパンゴジラ」 
「怪獣」といえば、誰もがまず頭に浮かべるのがゴジラだろう。そのゴジラの日本での新作発表は、脚本・総監督に「エヴァンゲリオン」シリーズ庵野秀明、監督に数々のヒット作を手がけた樋口真嗣と驚愕のスタッフもあり一大センセーションを巻き起こした。
本作の最新情報が発表された。映画のタイトルは『シン・ゴジラ』とし、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみの人気の役者が出演する。
さらに9月23日には公式サイトがオープン、本作の公開日は2016年夏だ。12年ぶりのゴジラが、熱い夏を列島に届けることになる。

これまでとかなり印象を与えるシンプルな『シン・ゴジラ』のタイトルは、庵野総監督が命名した。“シン”の言葉には、「新」しいゴジラ、「真」のゴジラ、「神」のようなゴジラといくつもの意味が重なる。同時に「復活」でも「再生」でもない、今まで誰も見たことのないゴジラなのだという。
また今回のゴジラは、体長が史上最大になる。それは2014年に大ヒットになったギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版『GODZILLA』の108メートルをはるかに上回るという。一体どんな映像が飛び出すのか、ファンには見逃せないだろう。8月に開始した製作は、10月いっぱいで撮影を完了する予定だ。快調に進んでいるようだ。

そして、今回出演が発表された3人の役者の役どころが注目される。そこからは未だ多くがベールに包まれる本作のストーリーの一端が窺われる。
樋口真嗣監督による映画『進撃の巨人』でも活躍する長谷川博己は、ゴジラが襲撃する現代日本の政府関係者役だという。本作の中心となる役柄だ。竹野内豊も同じく政府関係者役。『謝罪の王様』今冬公開予定の『人生の約束』などの出演で注目を浴びるが、『シン・ゴジラ』でも期待がかかる。
一方、石原さとみが演ずるのは米国エージェント役である。セリフには英語も登場するようだ。世界をまたにかけた大エンタテインメントが2016年夏に登場しそうだ。

映画『シン・ゴジラ』
2016年夏 全国東宝系公開

脚本・総監督: 庵野秀明
監督・特技監督: 樋口真嗣
[出演]
長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「ゴジラのマネジメント」平成ゴジラシリーズのプロデューサーが明かす映画製作の現場 画像 「ゴジラのマネジメント」平成ゴジラシリーズのプロデューサーが明かす映画製作の現場
  • 日本版『ゴジラ』最新作 庵野秀明×樋口真嗣がタッグ 画像 日本版『ゴジラ』最新作 庵野秀明×樋口真嗣がタッグ

特集