アニメから仮想現実へ プロダクションI.GがVRコンテンツ市場に参入発表

ニュース

世界から高い評価を受ける日本のアニメ。それを創り出すアニメスタジオの中でもトップスタジオのひとつされるのが、東京・三鷹に拠点を構えるプロダクション I.Gである。プロダクション I.Gは、「攻殻機動隊」シリーズや「BLOOD」シリーズをはじめ数々の最先端の映像とエンタテイメントを世に届けている。
そのプロダクション I.Gが、2015年に新たな映像とエンタテインメントに乗り出す。9月14日、同社はVR(Virtual Reality:仮想現実)コンテンツ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』を発表、2015年冬に世界配信を開始する。これを皮切りにVR市場に参入、この分野での活動を広げる。新時代のコンテンツの提供を目指す。

VRはCGなどの映像を利用して、現実とは異なる空間を体感させるテクノロジーである。近年、VRの技術が急進展しており、これを体験するデバイスも急激に増えている。新しい映像コンテンツとしてVRが言及されるが、それを体感出来るコンテンツはまだまだ少ないのが現状だ。I.Gはここに目をつけたかたちだ。
またI.G はVRコンテンツ開発に向けて、新プロジェクト「SIGN」を立ち上げた。SIGNは、WOW所属のクリエイティブディレクター浅井宣通、ドーム映像システム開発の第一人者である高幣俊之(株式会社オリハルコンテクノロジーズ代表取締役社長)、全天周映像の高解像度撮影及び投影機材の開発を手がける糸屋覚らと共に推進する。「future technology×art」をコンセプトとした企画だ。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、その第1弾にあたる。世界的に人気の高い『攻殻機動隊』の最新シリーズ、新劇場版をテーマに、360度立体映像を実現した。
VRヘッドマウントディスプレを装着することで、作品の世界へ入ったかのような経験が出来る。現在は、Oculus Riftを使用する約3分間のティザー版(予告編)の制作をしているが、その後は約10分間の完全版を制作、全世界配信にて販売する。Google PlayとApp Storeで購入可能で価格は480円を予定する。IGでは年間で20万ダウンロードを目指すとしている。

アニメはもともと現実とは異なる世界を描くことで、人気を博してきたコンテンツだ。人々がわくわくする映像づくりや演出、ストーリーは得意とするところだ。新しい技術の開発は時としてテクノロシーばかりが先行し、魅力的なコンテンツが不足することが多い。
アニメスタジオからVR市場とやや意表をつく事業展開だが、エンタテイメントコンテンツという点では違和感はない。逆に良質なコンテンツが、さらなる技術革新を促すこともあり、VR市場にもインパクトを与えそうだ。

IGは、VRコンテンツの成果を披露するべく、2015年9月17日から20日まで幕張メッセで開催される東京ゲームショー2015にブース出展をする。この中に直径6mの半球スクリーンを設け、多人数で体感するVRを紹介する。
上映にあたっては4台の高輝度プロジェクターとサラウンド音響を使用、ハイクオリティを実現する。最新のエンタテイメント集まる東京ゲームショーではあるが、一際高い注目を集めそうだ。
[数土直志]

プロダクション I.G 東京ゲームショウ2015出展情報
出展場所: 7-C01
出展内容: 『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』ティザー版上映

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』

[スタッフ]
原作: 士郎正宗
構成: 藤咲淳一
キャラクターデザイン: 黄瀬和哉
演出: 東弘明
企画: 浅井宣通・プロダクションI.G

[配信]
Google Play  価格480円(予定)
App Store  価格480円(予定)

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載記事]
《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

編集部おすすめの記事

特集