日本アニメ(ーター)見本市最新作は「ザ・ウルトラマン」、ウルトラマンフェスティバル2015で先行披露

ニュース

(c) 円谷プロ (c) nihon animator mihonichi LLP.)
  • (c) 円谷プロ (c) nihon animator mihonichi LLP.)
ウルトラマンガの第一人者と呼ばれてきた故・内山まもるのマンガ『ザ・ウルトラマン』が2015年に初映像化される。スタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像シリーズ企画「日本アニメ(ーター)見本市に登場する。
この夏にスタートしたサードシーンズンのラインナップとして、ショートアニメ『ザ・ウルトラマン ジャッカル対ウルトラマン』が挙げられている。本作が配信に先立って、東京・池袋サンシャインシティにて開催中の「ウルトラマンフェスティバル2015」にて、特別上映されることが決定した。配信に先立つ特別企画だ。

『ザ・ウルトラマン ジャッカル対ウルトラマン』は、内山まもるのマンガ『ザ・ウルトラマン』を原作としたショートアニメだ。アニメーターや演出家として様々な作品に関わり、近年では『フォトカノ』を手がけた横山彰利が監督を務める。
1979年のテレビシリーズ『ザ☆ウルトラマン』でウルトラマンのアニメ化はるが、『ザ・ウルトラマン』が映像化されるのは今回が初となる。原作ファンやウルトラシリーズファンにとっては、見逃せない作品となりそうだ。

「ウルトラマンフェスティバル2015」での先行上映は、2015年8月29日(土)、池袋・サンシャインシティ文化会館にて実施する。1回目が17時半より、2回目が18時よりとなる。
料金は無料で、「ウルトラマンフェスティバル2015」入場料のみ必要となる。参加方法については、当日開場時間より配布される各回ごとの指定席チケットを入手する必要がある。チケットはなくなり次第終了のため注意したい。

実写とはまた違った魅力に溢れる『ザ・ウルトラマン』がアニメーションとしてどのように表現されるのか。「ウルトラシリーズ」の祭典「ウルトラマンフェスティバル」にてぜひ確認したい。
《沖本茂義》

編集部おすすめのニュース

特集