中国・上海の海賊版販売店を一斉取締まり、日本のアニメ・映画などで閉店へ

ニュース 海外

中国にて日本コンテンツの海賊版取り締まりの動きが活発化している。海外流通促進機構(CODA)は、2015年7月15日と17日、上海市内に所在する6軒の海賊版販売店に対する取締りを実施したと発表した。
今回の取り締まりは、CODAと中国・上海市の行政組織「上海市文化市場行政執法総隊」 の協力により実施された。上海市内に所在する6軒の海賊版販売店が対象となり、約2000枚の海賊版が押収された。それぞれの店舗は5000元(約10万円)の罰金が科せられた。

上海市では、かねてより日本のアニメ、映画、ドラマなど海賊版が多数存在するとされてきた。またこれらを販売する店舗も多く存在することが明らかになっていた。
2011年より執法総隊とCODAは、これらの店舗に対する取締りを繰り返し実施してきた。20回におよぶ取り締まりの結果、これまでに39960枚の日本コンテンツの海賊版が押収され、店舗側が支払った罰金の合計額は318000元(約600万円) に上る。
今回の取り締まりで注目されるのは、現地でよく知られていた「渋谷タワレコ」と「FOX MOVIE」の2店が閉鎖に追い込まれたことだ。こうした成果が、今後は海賊版販売に対する抑止力となることが期待される。

海賊版が蔓延する中国であるが、近年ではインターネット配信が普及するにつれて、著作権侵害行為もオンラインに軸足を移しつつある。一方で、実店舗における海賊版パッケージの販売も少なからず存在し、権利者にとっては大きな不利益をもたらしている。CODAは引き続き、執法総隊や公安と連携を取りつつ、海賊版への取り締まりを強化していくという。
CODAは海外での日本コンテンツの健全な流通を目指して設立されている。これまでにも、中国以外でもアジアやヨーロッパなどの地域で同様の対策をとってきた。今後も海賊版を根絶し、正規コンテンツへからの収益化を図るとしている。
[沖本茂義]

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載記事]
《沖本茂義@アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

関連ニュース

特集