「蒼き鋼のアルペジオ」ヤマト役は中原麻衣 キャラクター設定画を公開

ニュース

(c)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ
  • (c)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ
  • (c)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ
10月3日公開の『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』は全編完全新作として注目を集めている話題作だ。
今回は新たに、新作ストーリーのキーパーソンであるヤマトのキャラクター設定画が公開された。キャストは中原麻衣さんが担当することも決定し、これでメインキャラ全員が出揃ったことになった。

ヤマトは霧の艦隊・総旗艦のメンタルモデルである。キャラクター設定画では純白のドレスを身につけており、個性派揃いのメンタルモデルの中でも異質な存在だ。
彼女の声を務める中原麻衣さんは「ひぐらしのなく頃に」シリーズをはじめ、数多くの作品でメインキャラクターを演じてきた。イオナ役の渕上舞さんなど他のメンタルモデルたちとどのような掛け合いを披露するのか注目したい。

本作は8月14日から16日にかけて行われるイベント「コミックマーケット88」への出展を予定している。会場の東京ビッグサイト西企業4階ブースでは特典付き前売券を販売する。
公開された前売券イラストでは主人公の千早群像とイオナがメインに描かれており、公開への期待を煽る内容に仕上がった。そのほか特典として、イ401ステンレスカレー皿と新規録り下ろしドラマCDが付属する。価格は5000円(税込)となる。

『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』はArk Performanceが「ヤングキングアワーズ」(少年画報社)にて連載中のマンガが原作。2013年にテレビアニメ化が行われ、2015年1月には『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』が公開された。3DCGで表現された世界観やキャスト陣によるユニット・Tridentの音楽活動など多方面で人気を博している。
[高橋克則]

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』
(C)Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集