2000万円の純金製「ガンダム」発売 7月18日より機動戦士ガンダム展で

ニュース

『機動戦士ガンダム』から、純金製のガンダム「RX-78-2 GUNDAM Featuring ROBOT 魂」の発売が決定した。7月18日から六本木の森アーツセンターギャラリーで開催される「機動戦士ガンダム展」で限定販売が行われる。
価格は2000万円(税込)、純金を約1000g使用した。多彩な商品展開を行うガンダムシリーズだが、そのゴージャス感、価格がファンを驚かせそうだ。

純金製のガンダムは貴金属ジュエリーの老舗、田中貴金属ジュエリーが製作する。1892年に創業した歴史ある田中貴金属ジュエリーは2007年にもプラチナのガンダムも手がけた。
今回の純金製ガンダムは、テレビ放映35周年を記念して開催される「機動戦士ガンダム展」に合わせたもので、ガンプラのHGサイズと同じ144分の1サイズとなる。さらに銀製の「SILVER950 RX78-2 GUNDAM Featuring ROBOT 魂」も製作され、純金製よりも求めやすい648,000円(税込)である。

今回は人気のガンダムコンバージシリーズも純金製と銀製で販売される。全長約55mmというサイズでありながら非常にディティールが細かく、可愛らしいデザインだ。純金製「GUDAM CONVERGE THE ART OF GUNDAM-LIMITED-ver.GOLD」は378万円(税込)、銀製「GUDAM CONVERGE THE ART OF GUNDAM-LIMITED-ver.SILVER」は27万円(税込)となっている。
さらに求めやすい純プラチナ1gカードも登場、「ガンダム」「シャア・アズナブル」「シャア専用ザク」と人気の3種類が販売される。田中貴金属ジュエリー独自の印刷技術でプラチナカードに描かれる。価格は15,000円。

この豪華なラインナップは7月18日から9月27日まで開催される「機動戦士ガンダム展」で限定販売される。さらに2000万円の純金製ガンダムは展覧会終了後もGINZA TANAKAで販売予定だ。35年を迎え、長い間愛され続ける「ガンダム」だからこそ誕生する商品だろう。今後もどのような展開が行われるのか、引き続き注目したい。

「機動戦士ガンダム展」
http://www.gundam-ten.jp/
田中貴金属ジュエリー
http://www.ginzatanaka.co.jp

『機動戦士ガンダム』
(C)創通・サンライズ
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集