舞台「弱虫ペダル」新作は巻島と東堂の物語 10月から4都市で公演 

ニュース

舞台『弱虫ペダル』の最新作が2015年10月から上演となる。今回のタイトルは「舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~」だ。
「IRREGUAR(イレギュラー)」は、本作の人気キャラクター巻島と東堂を中心とした物語となる。巻島は総北高校の上級生、東堂はライバル箱根学園の上級生だ。一体どのような作品になるかファンの注目度も高いだろう。7月2日発売の「週刊少年チャンピオン」31号(秋田書店)には最新情報が掲載されている。

舞台『弱虫ペダル』は2012年から6作が上演され好評を博している。マンガ、アニメに並ぶ大きな作品となっている。その人気からシリーズ化されている。
今回は「舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~」のキャストも公開された。多くは前作「舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNER」から続投となる。
巻島裕介役は廣瀬智紀、2013年の公演から巻島を演じている。また舞台『私のホストちゃん』や朗読劇『私の頭の中の消しゴム』や『滝口炎上』等、舞台中心に活躍している。

演出と脚本は引き続き西田シャトナーさんが手掛け、音楽もmanzoさんが担当する。公演は東京、大阪、名古屋、福岡の4ヶ所が予定され、2015年10月から11月にかけて上演される予定だ。

『弱虫ペダル』は「週刊少年チャンピオン」に連載されている渡辺航さんの人気マンガ作品だ。アニメも人気が高く、2015年8月には渡辺航さん書き下ろしの劇場版『弱虫ペダル』の公開が控えている。

舞台『弱虫ペダル』
http://www.marv.jp/special/pedal/

舞台『弱虫ペダル』
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダルGR製作委員会
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集