「刀剣乱舞」が舞台とミュージカルに 女子に人気のゲームがステージへ

ニュース

女性から人気の高いブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の舞台化される。しかも、舞台は、ミュージカルと舞台劇(ストレートプレイ)の2つで展開するという。手元で楽しめるゲームが一気にステージに広がる。
このプロジェクトは、これまでも2.5次元と呼ばれる舞台を数多く手掛けてきたマーベラスとネルケプランニングによるものである。多くの実績を残してきただけに、『刀剣乱舞』にも期待が持てそうだ。

マーベラスがストレートプレイを、ネルケプランニングがミュージカルを担当する2面での展開である。人気ゲーム原作に加えてふたつの舞台が競作する企画も話題を呼びそうだ。
原作ゲームでは、設定はあるもののブウザゲームという性質からで明確なストーリーはない。今回はストーリーづくりでも注目される。
公演日程やキャスト、キャラクタービジュアル等の詳細は今後の発表となる。ここでもサプライズを期待したい。

『刀剣乱舞-ONLINE-』は、DMMゲームズが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当した。プレイヤーは”審神者”になり、歴史を代表する人物らが使用した名刀が擬人化した刀剣男士(とうけんだんし)という男性キャラクターたちを育て、戦っていく。10代から30代の女性層からとりわけ大きな支持を受けている。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集