純金製「仮面ライダー新1号」発売 555万円と77万円の2タイプで忠実再現

ニュース

(C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
  • (C)石森プロ・東映
永遠のヒーロー仮面ライダーが純金になって登場する。江戸時代から続く金売買のの老舗の徳力本店が、黄金に輝く「仮面ライダー新1号」を販売することになった。
仮面ライダーは1971年に登場、今でも続く「仮面ライダー」シリーズの原点にあたる。多くの子ども、そして元子どもたちの心の中で輝くヒーローである。今回はそのヒーローがリアルで黄金で輝くことになる。
『仮面ライダー』に登場する「仮面ライダー新1号」を忠実に純金で再現する。黄金に輝く姿は必見だ。

今回は再現にあたり、希少性の高い「金」を使用した。純金製の仮面ライダー新1号は“大”と“小”の二種類を発売する。“
大”は高さが200mm、重さは100gとなっている。“小”は高さが100mmで35gとなっている。価格は“大”が555万円(税別)、“小”が77万円(税別)、キャラクターグッズとしては破格の値段だが原料を考えれば納得だ。購入すると専用ケースが付属、赤と金のコントラストが美しい。

純金製の「仮面ライダー新1号」は4月24日から4月25まで徳力本店の「春の逸品会」で初公開される。販売も同日から徳力本店でも開始、2015年12月31日まで行われる。全国の有名百貨店などでも取り扱われる予定だ。レアなグッズだけに注目を浴びそうだ。

徳力本店
http://www.tokuriki-kanda.co.jp/

『仮面ライダー』
(C)石森プロ・東映
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集