ポケモン・ザ・ムービーXY最新作主題歌アーティストに安田レイ タイトルは「Tweedia」

ニュース

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2015 ピカチュウプロジェクト
  • (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2015 ピカチュウプロジェクト
  • (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2015 ピカチュウプロジェクト
  • (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku(C)Pokemon (C)2015 ピカチュウプロジェクト
シリーズ17作品の累計興収が740憶円を超えるポケモン映画の最新作が7月18日(土)に公開となる。シリーズ18作目、『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ』だ。
本作は伝説のポケモンが多数登場、それが史上最強のバトルが繰り広げられる。迫力満点になるそうだ。加えて同時上映として短編アニメ『ピカチュウとポケモンおんがくたい』が登場する。こちらは可愛らしいポケモンが大集合する。子どもたちに人気を呼びそうだ。

そんな話題作の主題歌をいま大きな注目を浴びている安田レイが担当することが分かった。安田は2015年1月から全国5都市をまわる初のワンマンライブツアーを開催、全国4会場がソールドアウトというブレイクの兆しを見せている。勢いのあるアーティストがポケモンを応援する。
また2月25日には、5枚目のシングル「恋詩」もリリースされたばかりだ。こちらは初のドラマ主題歌、初のカバー楽曲と言うこともあり、有線放送全国J-POPランキング1位 (3/20付/3/7~3/13集計分)を記録するなど、大きな反響を呼んでいる。

安田が映画の主題歌に提供する新曲は、「Tweedia(トゥイーディア)」というタイトル。この曲のタイトルでもある「Tweedia(トゥイーディア)」は花の名称となっており、花言葉「信じあう心、幸福な愛」という意味がある。歌詞と楽曲のサウンドからもそのテーマを充分に感じとれる仕上がりになっているという。
小さい頃からポケモンと触れ合っていたという安田は、大人になった今もポケモンを愛し続けているという。今回の抜擢も納得がいく。

また、今回の発表に合わせて安田レイとポケモン映画のエグゼティブプロデューサー・浅井認からコメントも公開されている。ここからも映画への意気込みと楽曲の手応え、そしてポケモンに対する愛情を感じ取れる。

■ 安田レイ コメント 
「小さい頃、毎週弟とTV放送を楽しみにしていたポケモン。家に、カードや、おもちゃもたくさんありました。そんな小さい頃から見てきたポケモンの映画の主題歌に選んでいただいて、ほんとうに幸せです!
ポケモンを通して、仲間や、キズナの大切さに、何度も気付かせられました。そんな、仲間やキズナを描いたストーリーをさらに、「幸福の愛」「信じあう心」という花言葉の意味を持つこの『Tweedia(トゥイーディア)』で、盛り上げられたら嬉しいです!
是非、大切な仲間や、いつも支えてくれている人のことを思い浮かべながら聴いていただきたいです。」

■ ポケモン映画 エグゼティブプロデューサー 浅井認 起用コメント
「デビューして間もない安田レイさんなのですが、彼女の伸びやかな中に、せつなさが同居する声は、過去に類をみないバトル、出会いと別れを描く今年のポケモン映画にとって、既に必要不可欠な要素になっています。
デモを聴かせて頂いた段階で、超激戦区である今年の夏休み映画の中でも、ピカイチの主題歌になる確信が持てました。本当に素晴らしい歌声を響かせてくれていますので、ぜひ劇場で体験してもらいたいと思います。」

ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪(リング)の超魔神 フーパ」
同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」
7月18日(土)全国公開
http://www.pokemon-movie.jp


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2015 ピカチュウプロジェクト
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集