劇場映画「台風のノルダ」2015年6月5日全国公開 スタジオコロリド最新作

ニュース

2015年6月5日に、新作劇場アニメ『台風のノルダ』が公開されることが発表された。スタジオコロリドがアニメーション制作を手がける。監督は新井陽次郎、キャラクターデザイン・作画監督は石田祐康、音楽は浜渦正志と若手のクリエイターが結集する。次世代の作品として注目を集めそうだ。
作品の舞台となるのは、ある離島。そこにある中学校の文化祭前に起きた出来事、そして少年同士の友情物語が描かれる。突如現れた赤い目をした不思議な少女ノルダと出会いとは?

最初の映像は、4月9日24時50分からのフジテレビ「ノイタミナ」で放送される『パンチライン』枠内で披露される予定だ。さらなる情報は今後発表される。
企画制作には、フジテレビ/ツインエンジンが参加する。配給は東宝映像事業部、3週間限定ロードショーとなる。どこかノスタルジックな世界観を躍動感あるアニメーションで鮮やかに描きだすとのこと、若手クリエイターの才能が飛び出す。

監督の新井陽次郎は、1989年生まれ。スタジオジブリに入社、ジブリ美術館の短編アニメ『たからさがし』や『パン種とタマゴ姫』、また『借りぐらしのアリエッティ』『風立ちぬ』などにアニメーターとして参加した。
2012年よりスタジオコロリドに所属している。『陽なたのアオシグレ』ではキャラクターデザインと作画監督を務めた。フジテレビ・ノイタミナ10thスペシャルアニメ『ポレットのイス』でもキャラクターデザインとアニメディレクターを担当した。『台風のノルダ』は、劇場映画での監督デビューとなる。期待の新鋭の活躍が期待される。
キャラクターデザイン、作画監督の石田祐康も若手だ。1988年生まれ。学生時代に発表した『フミコの告白』で一躍注目を集めた。本作は第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞している。2013年では『陽なたのアオシグレ』で初の劇場作品を監督した。

[あらすじ]
文化祭前日の中学校。幼いころからずっと続けていた野球をやめたことがきっかけで親友の西条とケンカした東は、突如現れた赤い目をした不思議な少女ノルダと出会う。「“地の渦”と“空の渦”と“私”が一つに繋がれたとき、この星は生まれ変わる…」。その頃、観測史上最大級の台風が学校を襲おうしていた──。
その少女は、台風にのってやって来た。
僕たちに「本当に大切なこと」を教えてくれた、不思議な少女との一夜の物語。

『台風のノルダ』
http://typhoon-noruda.com
2015年6月5日(金)より 全国にて3週間限定ロードショー
監督: 新井陽次郎 
キャラクターデザイン・作画監督: 石田祐康 
音楽: 浜渦正志
企画制作: フジテレビ/ツインエンジン 
アニメーション制作: スタジオコロリド 
配給: 東宝映像事業部

『台風のノルダ』
(C)2015 映画「台風のノルダ」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集