「攻殻機動隊 S.A.C.」4月から地上波再放送スタート シリーズ誕生25周年記念

ニュース

士郎正宗の描く人気マンガ『攻殻機動隊』は、1989年の連載開始以来、国内外で圧倒的な人気を誇っている。2014年には作品誕生から25周年を迎えて、大型企画も相次いでいる。
新シリーズ『攻殻機動隊 ARISE』のスタート、2015年初夏の『新劇場版』の公開決定、またハリウッドでは実写版劇場映画の米国公開スケジュールも発表された。いま『攻殻機動隊』が俄然盛り上がっている。

そうしたなかでこのほどファンにうれしいニュースが発表された。シリーズの中でも人気の高い『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が、この4月より関東地区の地上波独立局にて再放送されることが決定した。
放送はテレ玉、チバテレ、tvkの3局で、4月1日から毎週水曜日23時からとなる。3局の放送時間が同一となってるの面白い試みだ。4月からは黄瀬和哉総監督による『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』の放送開始も決まっている。テレビで異なる様相をみせる2つのシリーズを楽しめる。

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』は、2002年に最初のテレビシリーズが世に送り出された。骨太なストーリーと原作の世界観を活かした数々のギミックから人気を博して、2004年にはセカンドシリーズ『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』、2006年には長編『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』も製作されている。
監督の神山健治、音楽の菅野よう子など、数多くの才能が集まった作品でもある。その人気は日本だけでなく、海外にも広がっている。『攻殻機動隊』の歴史を振り返る中で忘れられない作品だけに、是非、ここでもう一度見直すのもいいだろう。

一方、同じ4月から放送が始まる『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』は、2013年、2014年に劇場上映された『攻殻機動隊ARISE』を再構成したテレビシリーズである。これまで未発表のエピソードも織り込む。
そして初夏には攻殻機動隊 新劇場版』の公開も控えている。攻殻ファンには目が離せない2015年になりそうだ。

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
テレ玉、チバテレtvkにて 
4月1日(水)より 毎週水曜日 23時~(3局同時刻での放送)
*放送日時は変更となる場合があります。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集