109シネマズ、幕間にショートアニメ上映 村田蓮爾がキャラデの「夕やけだん団」  

ニュース

映画鑑賞の楽しみのひとつに、上映前の予告編がある。最近はこのなかにオリジナルの短編映画などが紹介されることもあり、人気を集めるケースも増えている。
109シネマズがそうしたひとつとして、ショートアニメを制作した。2015年4月1日より全館にて、『夕やけだん団』を幕間上映することが決定した。
作品は人気イラストレーターの村田蓮爾さんがキャラクターデザインを務めている。カリスマ的な人気を誇るクリエイターだけにファン注目の作品に仕上がりそうだ。

『夕やけだん団』はJR日暮里駅からほど近い場所に存在する、夕焼けを堪能できる階段が舞台。女子高生の七海と不思議な猫のコトブキがノスタルジックな雰囲気の中、毒舌を混ぜつつもどこかホッとするトークを繰り広げていくショートアニメシリーズだ。
公式サイトではキービジュアルが公開されている。下町を紅色に染める夕日がかった背景や、セーラー服の七海、そして二本足で立つコトブキの姿が印象的な1枚となった。

七海役はオーディションで選ばれた柴紅音さんが担当。コトブキ役はベテラン声優の山寺宏一さんが務める。新人声優の柴さんと、数多くの作品でメインキャラを演じてきた山寺さんのタッグに期待したい。
キャラクターデザインはイラストレーターの村田蓮爾さんが起用された。村田さんは『青の6号』や『LAST EXILE』でもキャラクターデザインを務めており、アニメファンにとってもお馴染みの実力派クリエイターである。監督はオムニバスアニメ『GENIUS PARTY』の「LIMIT CYCLE」などを手がけた二村秀樹さんが務める。

映画本編前に作品が流される幕間上映という形態は、これまでも『紙兎ロペ』や『どーにゃつ』などのショートアニメで採用されてきた。多くの人の目に触れる機会となるだけに、本作も今後人気を集めていきそうだ。
『夕やけだん団』は2015年4月1日より109シネマズ全館にて幕間上映がスタート。毎月1本新作が公開される。
[高橋克則]

『夕やけだん団』
http://www.yuyake-dandan.jp/

[キャスト]
コトブキ: 山寺宏一
七海: 柴紅音

[スタッフ]
キャラクターデザイン: 村田蓮爾
脚本: 藤沢文翁
監督: 二村秀樹
美術監督: 今野明美
音楽: 伊賀拓郎
音響監督: 野崎圭一(ドッグオンビート)
制作: ダイナモピクチャーズ
製作: フライングドッグと熊猫団
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集