西武線車内で公開、トムスと西武鉄道のコラボアニメ「でででん」が話題

ニュース アニメ

『名探偵コナン』や『ルパン三世』、『弱虫ペダル』など人気アニメを輩出するトムス・エンタテインメントと西武鉄道が新作オリジナルアニメでコレボレーションをした。トムスアニメ50周年と西武鉄道100年という、それぞれのメモリアルイヤーを記念してアニバーサリーオリジナルアニメを制作した。
今回のコラボはトムスが西武新宿線の新井薬師前駅を最寄りとして本拠を置いてきたことが縁となった。また作品を車内のなどで放送するの両社ならではの取り組みだ。

アニメのタイトルは『でででん』、「日常」をテーマに主人公の所沢アモルと鉄道を描く。キャラクターデザインに、トムスが過去に制作したアニメのオマージュを盛り込んだ動物のモチーフを取り込んでいるのもみどころだ。
アニメには西武鉄道の電車はもちろん西武線沿線の街をイメージした街並みが登場する予定だ。

監督は『君に届け』や『鬼灯の冷徹』を手がけた鏑木ひろ監督、長沼範裕副監督のタッグとなる。音楽には『君に届け』や『xxxHOLiC』のS.E.N.S.が担当と豪華だ。

アニメは全5話を予定し、本編は75秒となる。西武鉄道の電車内にあるスマイルビジョンや、大型駅周辺のスマイル・ステーションビジョンでの放送は2015年2月23日から2015年12月31日としている。
トムスは2014年から「マダ、ナイ、コトヲ。」をテーマに50周年を記念した取り組みを行っている。2015年はどんなアニメを見せてくれるのか、今後の取り組みにも期待したい。
《animeanime》

関連ニュース

特集