鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動

ニュース

鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動
  • 鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動
  • 鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動
  • 鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動
  • 鳥取砂丘コナン空港に怪盗キッド プロモーション企画が始動
鳥取県にある鳥取空港国際会館で、コナンファン必見の「鳥取砂丘コナン空港」誕生を記念して、オープニングセレモニーが実施された。「鳥取砂丘コナン空港」は、作者である青山剛昌が鳥取県北栄町出身であることにちなんで決定したものとなる。
空港内には、屋上サインやコナンと蘭の等身大フィギュア、超巨大なトリックアート等が設置される。空港全体がコナン一色で埋め尽くされているのが特徴だ。コナンファンには堪らない空間となっている。

そのオープニングセレモニーの数日前、コナンの宿敵である怪盗キッドから「天翔ける翼が目覚める頃 黄金の砂のつぶてを頂きに参上します」という予告状が鳥取空港へ届いたそうだ。
というのも、この予告状はアニメ劇場版の最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』の公開を記念して、キーパーソンでもある怪盗キッドに焦点を当てたプロモーションプロジェクトなのだ。劇場版名探偵コナンは、2014年にシリーズ初の興収40億円を突破した話題作だ。
2月14日には映画公式サイト内に特設ページが立ち上がり、暗号めいたその内容がコナンファンの間で話題となっていた。

そして迎えた3月1日の式典当日、来場者は500名を超え、海外からも多くのファンが駆けつけた。この中に、突如として会場に怪盗キッドの声が響き渡った。
その声によると、狙われていたのは空港内に設置されていた超巨大トリックアートだったことが判明。場内は一時騒然となるが、今回は怪盗キッドのお目当ての獲物ではなかったようで、無事にお披露目となった。

なお、特設サイト上には新たな怪盗キッドからのメッセージとして「ゴッホの「ひまわり」の前に、ちょっぴりエロティックなアートを頂きに参上します」との記述も見られる。
今後、怪盗キッドが日本のどこに現れ、そして何を盗もうとしているのか。ファンならずとも目が離せない、壮大なプロジェクトとなっていきそうだ。

なお、式典では警察音楽隊によるコナンメインテーマの演奏や鳥取県の平井知事などのスピーチ、特別ゲストとして江戸川コナンの登場、原作者である青山剛昌先生のビデオメッセージなどが披露されるなど、華々しい企画が執り行われた。
会場に訪れた大勢のファンも、怪盗キッドから無事に返還されたトリックアートを撮影したりと、楽しんでいる様子だった。

「KID STEAL PROJECT」
http://www.conan-movie.jp/ksp/

『名探偵コナン 業火の向日葵』
2015年4月18日(土)公開

『名探偵コナン 業火の向日葵』
(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
《ユマ》

編集部おすすめのニュース

特集