「昭和元禄落語心中」山寺宏一、林原めぐみら人気声優が集結 先行カットも公開

ニュース

アニメ『昭和元禄落語心中』のメインスタッフと第2弾キャストが明らかになった。新作OADとテレビアニメシリーズに向けて、弾みをつける発表となった。
『昭和元禄落語心中』のアニメーション制作は「ひぐらしのなく頃に」シリーズや「薄桜鬼」シリーズを手がけたスタジオディーンが担当。監督に畠山守さん、シリーズ構成に熊谷純さん、キャラクターデザインに細居美恵子さんを起用している。
また、本作は昭和の落語界を舞台としていることから、落語監修として落語家・林家しん平さんを迎えた。本格的な落語描写も見所になるだろう。林家しん平さんは猫助師匠役にも起用されており、監修と声優の両面から作品を支えることになった。

キャストは後に稀代の天才と称される落語家・助六役を山寺宏一さん、元芸者で八雲と助六と深い関わりを持つ謎の女性・みよ吉役を林原めぐみさん、八代目と助六の師匠にあたる七代目有楽亭八雲役を家中宏さん、落語評論家で八代目八雲の熱烈なファンでもあるアマケン役を山口勝平さんが務める。いずれも実力派のベテラン声優陣となっており、アニメ化に対する意気込みが感じられる強力布陣である。
さらに八代目有楽亭八雲役の石田彰さんが、八雲の若かりし頃・菊比古役も演じることが決定した。すでに発表となっている与太郎役の関智一さん、小夏役の小林ゆうさんとの掛け合いにも期待が高まる。

アニメ公式サイトと原作の連載誌「ITAN」24号(講談社)ではアニメ本編の先行カットも公開された。アニメの雰囲気を先駆けて味わうことができる。
『昭和元禄落語心中』は3月6日に新作OAD「与太郎放浪篇・前編」付き第7巻特装版、8月7日には「与太郎放浪篇・後編」付き第8巻特装版がリリースされる。テレビアニメシリーズの放送時期など、今後明かされる情報も要注目だ。
[高橋克則]

『昭和元禄落語心中』
http://rakugo-shinju-anime.jp/

[スタッフ]
原作: 雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社「ITAN」連載)
監督: 畠山守
シリーズ構成: 熊谷純
キャラクターデザイン: 細居美恵子
落語監修: 林家しん平
色彩設計: 佐野ひとみ
撮影監督: 浜尾繁光
音楽: 澁江夏奈
音楽制作: スターチャイルドレコード
音響監督: 辻谷耕史
音響制作: ダックスプロダクション
アニメーション制作: スタジオディーン
製作: 昭和元禄落語心中製作委員会

[キャスト]
与太郎: 関智一
有楽亭八雲/菊比古: 石田彰
助六: 山寺宏一
小夏: 小林ゆう
みよ吉: 林原めぐみ
七代目有楽亭八雲: 家中宏
松田: 牛山茂
アマケン: 山口勝平
ヤクザ兄貴: 加瀬康之
アニさん: 須藤翔
萬歳: 茶風林
萬月: 遊佐浩二
猫助師匠: 林家しん平
ほか
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集