荒牧伸志監督がエヴァンゲリオン?! 日本アニメ(ーター)見本市次回作が衝撃のタイトル

ニュース

(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー
  • (c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー
クリエイターの自由な創作を掲げて次々に短編アニメーションを発表してきた日本アニメ(ーター)見本市が、2015年2月6日にまた新たな衝撃作を世に届けそうだ。2月2日夜に、ニコニコ生放送で配信された「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第12回にて、次回作第12話のタイトルが『evangelion:Another Impact(Confidential)』であることが発表された。現在は予告編を公開、本編は2月6日に配信を開始する。
タイトルに含まれた“evangelion”の文字、公開された一枚のビジュアル、権利表記に加えられた「(C)カラー」の文字、そして公開されたストーリーから本作が「エヴァンゲリオン」シリーズのスピンオフ作品であることが分かる。エヴァファンにとって見逃せない。

さらに注目されるのは、本作のスタッフ陣である。日本アニメ(ーター)見本市では、2014年12月に公開した平松禎史監督による『until You come to me.』もエヴァンゲリオンにトリビュートしていた。これは現在進行する「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の関わりのあるスタッフとスタジオカラーにより制作されていた。
しかし、『evangelion:Another Impact(Confidential)』では、それとは全く異なったメンバーがエヴァンゲリオンに挑む。しかも大物ばかり。一体、どんな作品が姿を見せるのか。

監督の荒牧伸志は、映画監督・演出、メカニックデザインなどで活躍している。現在公開中の『アップルシード アルファ』や『キャプテンハーロック』『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』などでフォトリアルなCGで日本のみならず世界的に注目されている。
CGディレクターの松本勝は、その『アップルシード アルファ』でもCGディレクターを務めた。実写のように見えながら、しかしCGでしかありえない映像が期待される。
そして作品の鍵となりそうなAnother Evaのデザインを竹内敦志が手がける。「機動警察パトレイバー」シリーズをはじめ数々の作品に参加し、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』では、「グリーヴァスのアジト」の回で監督も務めるクリエイターだ。

制作は荒牧伸志監督がCCOを務めるSOLA DIGITAL ARTS、それにスティーブンスティーブンも加わっている。スティーブンスティーブンはアニメーション、実写、広告など様々なる映像ジャンルを縦断したビジネスを目指す会社だ。今回の取り組みも同社らしいと言えるだろう。
2月9日12時からニコニコ生放送で配信される「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第12回には、荒牧伸志監督、松本勝CGディレクター、さらにスティーブンスティーブンの石井朋彦プロデューサーが出演する。果たして「evangelion:Another Impact(Confidential)」とは何なのか?どうやって誕生したのかここで明かされるに違いない。

日本アニメ(ーター)見本市
http://animatorexpo.com/

「evangelion:Another Impact(Confidential)」
監督: 荒牧伸志
Another Eva デザイン: 竹内敦志
CGディレクター: 松本勝
制作: SOLA DIGITAL ARTS スティーブンスティーブン
【予告編映像】 http://www.nicovideo.jp/watch/1422439503

[ストーリー]
「別の場所、別の時、
決戦兵器 の起動実験が行われていた。
秘密裏に開発と実験が進められていた「Another No.=無号機」は、
ヒトの制御を受け付けず、突如暴走を始める──。
『Another No. = 無号機』は、何のために作られたのか?
「別」の世界で起動したエヴァの、暴走と咆哮の物語……。」

「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第12回
放送日時:2014年2月9日(月)22時~23時(予定)
http://aokihagane.com/http://live.nicovideo.jp/watch/lv204660654
出演者: 荒牧伸志(監督)、松本勝(CGディレクター)、石井朋彦(プロデューサー)
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集