今度の「映画クレヨンしんちゃん 」主題歌は、ゆず「OLA!!」に決定 | アニメ!アニメ!

今度の「映画クレヨンしんちゃん 」主題歌は、ゆず「OLA!!」に決定

ニュース

シリーズ23作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』は4月18日に全国公開となる。本作の主題歌「OLA!!」(オラ)をフォークデュオ・ゆずが担当することが決定した。
『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』はタイトルが示す通り、野原家が春日部から引っ越し、メキシコを舞台にストーリーが展開する。その主題歌「OLA!!」はメキシコの公用語であるスペイン語で「こんにちは」を意味する言葉、自分のことを「オラ」と呼ぶ主人公・しんのすけが現地に馴染むきっかけとなるキーワードでもある。

主題歌を書き下ろしたゆずの二人は「老若男女に愛されるしんちゃんにふさわしい、みんなが元気に楽しく口ずさんだり踊ったりできる楽曲を目指した」と語っている。陽気なラテンのリズムや遊び心あふれる歌詞など、メキシコの元気なしんのすけを思わせる要素が多数盛り込んだ。
また「大人でもほろっとくるクレヨンしんちゃんの映画のように…」と大人の心にも響く要素も取り入れられている。
レコーディングの際には海外アーティストを招き、マリンバ、ケーナ、フィドル、マラカスなど、さまざまな楽器で演奏。そのラテンテイストなリズムが心温まる歌詞と絶妙にマッチし、誰もが手を繋いで踊りだすような楽曲に仕上がった。

さらにテレビシリーズ『クレヨンしんちゃん 』のエンディングに、ゆずの二人がアニメになって登場することも決定した。「しんちゃんのアニメに自分たちが入れるなんて……めちゃくちゃうれしい! 自慢したい!!」と自身にそっくりなキャラクターの誕生に喜びのコメントを寄せる。
今回の映画では、海外アーティストとのコラボレーションも予定しているとのこと。本編でどのようなコラボが飛び出すのか。今後の続報にも楽しみな発表となった。
[高橋克則]

『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』
2015年4月18日(土)全国ロードショー
http://www.shinchan-movie.com/

[スタッフ]
原作: 臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/
監督: 橋本昌和
脚本: うえのきみこ
製作: シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社
声の出演: 矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ

[コメント]
ゆず
国民的アニメといえる『クレヨンしんちゃん』の主題歌を務めさせていただくことになり、すごく嬉しく、光栄です。しんちゃんは小さいお子さんから上の世代まで多くの方に愛されているアニメなので、聴いていただいたみなさんが一緒に口ずさんだり踊りだしたりするような曲になればいいなと思い、曲をつくりました。新しい挑戦として、「OLA!!」では世界中のいろんなアーティストと作品の中でコラボしています。ぜひ楽しみにしていてください。

松久智治チーフプロデューサー
シリーズ23作目の今作では、長く愛されてきた『クレヨンしんちゃん』を一度リセットします。作品の原点に踏み込み、新しい生活の場で、最強の5歳児しんのすけがどう“世界中とご近所さん”になっていくか、そして野原一家がどう愛情あふれる家族の姿を築いていくかを、ギャグ満載かつ躍動感たっぷりに描きます。
しんちゃんの映画は、基本は明るく楽しいギャグ作品ですが、心のぶつかり合いから生まれるグっとくるドラマが自然体で描かれます。今作もラテンの明るさのなかで、笑いと心を揺さぶるドラマが生まれました。主題歌をゆずさんにお願いすれば、心にシンプルに迫る詩とメロディで、映画で伝えたいことを自然体で表現していただけると信じ、そして見事に、ラテンの明るさと力強さを伴い、笑いと感動を1曲の中で表現していただきました。感服しました!
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「映画クレヨンしんちゃん」が毎回1作品 DVDコレクションがデアゴスティーニから 画像 「映画クレヨンしんちゃん」が毎回1作品 DVDコレクションがデアゴスティーニから
  • 第18回文化庁メディア芸術祭 「映画クレヨンしんちゃん」「ジョバンニの島」などに優秀賞 画像 第18回文化庁メディア芸術祭 「映画クレヨンしんちゃん」「ジョバンニの島」などに優秀賞

特集