『ドラゴンボールZ 復活の「F」』、日本映画史上初のIMAX3D上映 | アニメ!アニメ!

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』、日本映画史上初のIMAX3D上映

ニュース

巨大なスクリーンで迫力の映像を楽しむIMAX、それがライブ感をさらに盛り上がる3D(立体視)であればさらに興奮は高まる。近年、IMAXによる3D上映が拡大し、人気が広がっている理由だ。これまで『アバター』や『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2』などの多数のヒット作を輩出してきた。
しかし、意外なことにこれまで日本映画でIMAXの3D上映はなかった。それが2015年4月にいよいよ登場する。4月18日に全国公開される話題の劇場アニメ『ドラゴンボールZ 復活の「F」]』が、日本映画史上初のIMAXで3D上映されることになった。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のIMAXでの3D上映は、北は北海道・札幌から南は福岡まで、18のスクリーンを予定する。迫力の映像が売りになる『ドラゴンボールZ』だけに、近くにIMAXデジタルシアターがあれば、是非、足を運びたい。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、国内外で大人気を誇る「ドラゴンボール」シリーズの劇場版19作目にあたる。原作者である鳥山明 自身が脚本を手掛けている。ストーリーは、これまでのアニメは勿論、原作でも語られていなかったものになる。
シリーズのなかでも最も存在感のあった悪の帝王・フリーザの復活が描かれる。これについて鳥山明は、自から「すさまじい対戦」と太鼓判を押すほどだ。
それだけに悟空たちとの超バトルアクションシーンは大きなみせどころになる。IMAX 3D上映が臨場感と迫力をさらに盛り上げることは間違いない。

IMAXデジタルシアターは、IMAX社が独自のテクノロジーで開発した次世代のプレミアムシアターである。映画を構成する4つの要素、映像、音響、空間、作品を全てシアター全体に合わせてカスタマイズしている。高品質デジタル映像、迫力のサラウンドシステム、壁いっぱいに広がるスクリーンが映画の中に入り込んだかのようなリアルな臨場感を提供する。

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
http://www.dragonball2015.com

IMAXデジタルシアター上映予定館
[北海道]
ユナイテッド・シネマ札幌
[東京]
109シネマズ木場、ユナイテッド・シネマとしまえん、109シネマズグランベリーモール
109シネマズ二子玉川(2015年4月下旬オープン)
[神奈川県]
109シネマズ川崎、109シネマズ湘南
[千葉]
成田HUMAXシネマズ
[埼玉]
ユナイテッド・シネマ浦和、109シネマズ菖蒲
[茨城]
シネマサンシャイン土浦
[愛知]
109シネマズ名古屋、ユナイテッド・シネマ豊橋18
[大阪]
109シネマズ箕面、ユナイテッド・シネマ岸和田
[奈良]
シネマサンシャイン大和郡山
[愛媛]
シネマサンシャイン衣山
[福岡]
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ももクロ、映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 主題歌に決定 ダブルZのコラボ 画像 ももクロ、映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 主題歌に決定 ダブルZのコラボ
  • 映画「ドラゴンボールZ」マキシマム ザ ホルモンの「F」がバトルソング 画像 映画「ドラゴンボールZ」マキシマム ザ ホルモンの「F」がバトルソング

特集