東京国際映画祭 2015年は会期拡大10月22日から31日まで10日間

ニュース

1985年にスタート、今年で30年目を迎える東京国際映画祭が、第28回目にあたる2015年の開催日程を発表した。開催時期は例年と同じ10月末となるが、これまで9日間であった開催日数を1日増やし10日間とする。
開幕は10月22日の木曜日、閉幕は10月31日の土曜日となる。開催期間が延びたことで、2014年と比べて週末の土曜日が2回になる。映画祭のさらなる盛り上がりが期待出来る。第28回の作品エントリーは2015年4月末から受付を開始する予定だ。

また会場は2014年と同様、東京・港区の六本木ヒルズが中心となる。前回は六本木ヒルズに加えて、日本橋のTOHOシネマズ、東銀座の歌舞伎座なども活用したが、2015年はどのように展開するかは今後の発表となりそうだ。
映画祭事務局によれば、2014年の第27回は総入場者数が22万3912人と前年比で84%も増加したという。さらに公式サイトのPV数も19%増の約860万に達するなど大きく伸びた。会場の拡大や関連イベントの強化が貢献したようだ。
アニメーション重視を打ち出したことも集客に貢献したと見られる。「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明監督の大型特集が話題呼んだ。アニメーションが2015年にどのように扱われるかも今後の発表待ちだ。

またコンテンツ国際見本市のJapan Content Showcase 2015も、例年どおり10月末に東京・お台場で開催予定である。映画祭との連携を目指す。

第28回東京国際映画祭
/http://2015.tiff-jp.net/ja/
開催期間: 10月22日(木)~10月31日(土)
会場: 六本木ヒルズ(港区)ほか
主催: 公益財団法人ユニジャパン(第28回東京国際映画祭実行委員会)
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集