アマゾン・ジャパンが無料のマンガ雑誌配信開始 「グランドジャンプ」や特別版のガンガン、ゼロサムなど

ニュース

ネットショッピングやデジタルコンテンツ配信のアマゾンが、2015年1月7日よりマンガ雑誌の無料配信をスタートした。「Kindle無料マンガ雑誌」と名付けられたこのサービスは、複数の雑誌を無料で定期的に楽しめる。
コンテンツの利用はアマゾンのKindleだけでなく、スマートフォンやタブレット、PCほかで利用可能だ。書籍やマンガ販売でも存在感の大きなアマゾンだけに、注目も大きそうだ。

注目されるのは、配信される雑誌のタイトルだろう。サービススタート当初のタイトルは、「グランドジャンプ」「マンガボックス」「漫画アクション」「コミック乱ツインズ」「Comic ZERO-SUM」「ほぼ月刊おためしガンガン」の6つとなる。
このうち目玉となるのは、「グランドジャンプ」だろう。本宮ひろ志、弓月光など大物作家や『地獄先生ぬ~べ~NEO』などの人気作品を連載する集英社のマンガ誌である。紙版から1号遅れではあるが、紙版とほぼ同じ内容が読める。また同誌のデジタル版は今回が初で、「Kindle無料マンガ雑誌」の独占だ。マンガ出版の大手である集英社が協力するという点でも注目される。
「コミック乱ツインズ」は、リイド社が刊行する月刊マンガ誌である。こちらも1号遅れで、紙版と同じものを掲載する。

「マンガボックス」は、DeNAがスマホ向けに展開する無料マンガ誌である。これまではアプリのみの配信であったが、アマゾンでのサービスで閲覧可能なデバイスが拡大する。もともと無料配信のビジネスモデルで作品の認知度を上げたいDeNAとコンテンツを充実させたいアマゾンの両方の狙いが重なったかたちだ。
一方、「漫画アクション」「Comic ZERO-SUM」「ほぼ月刊おためしガンガン」は、それぞれ既存の雑誌などからの人気マンガのセレクションとなる。これらは作品のプロモーションの役割が大きそうだ。

アマゾンはマンガ単行本のネット販売に加えて、すでにKindleにてデジタル版のマンガの有料配信も始めている。無料のマンガ雑誌の利用から、こうした有料販売、サービスへのスムーズな移動が「Kindle無料マンガ雑誌」の強みになる。またこうした有料サービスのユーザーの多さは、出版社にとって魅力的に映るだろう。
また今回コンテンツを提供する出版社は、集英社、双葉社、リイド社、一迅社、スクウェア・エニックスの多彩だ。マンガのジャンルも少年向け、青年向け、壮年向け、女性向けと広い。今回のサービスが、今後も幅広い層をターゲットにしていくことが窺える。

「Kindle無料マンガ雑誌」
/http://www.amazon.co.jp/KindleFreeManga

[/アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz より転載記事]
《アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.biz》

編集部おすすめの記事

特集