武蔵野アニメーションに新たな展開?!「SHIROBAKO」新キービジュアル、コミケで発表

ニュース

テレビアニメ『SHIROBAKO』が12月末放送の第12話で第1クールの放送を終えた。2014年10月から放送をスタート、アニメ業界そのものがテーマという意表を突いた内容で話題を呼んだ作品だ。実力派の水島努監督とクオリティの高さで定評のあるP.A.WORKSらしい丁寧な作りで人気となっている。
本作が年明け1月の第13話より後半第2クールに入る。これに合わせてキービジュアルが新しくなった。キービジュアルは12月28日から始まったコミックマーケット87で披露され、公式サイトでも公開された。

アニメファンにとってはお馴染みのテレビアニメは、実際どのように作られているのは意外に知られていない。『SHIROBAKO』は、新人制作進行の宮森あおいとそのアニメーション同好会時代の友人、勤め先の武蔵野アニメーションを軸に描かれた。様々な事件を交えて、作品を楽しみながらアニメの出来るまでが知らない間に分かってしまう仕掛けだ。
第2クールからは、武蔵野アニメーションと元同好会メンバーに新たな展開があるとの情報も。新たなキービジュアルからそうした展開も読み取れるかもしれない。注目だ。

また、第2クールからオープニングテーマとエンディングテーマも新しくなる。新オープニングは、奥井雅美が「宝箱―TREASURE BOX ―」を歌う。
新エンディングテーマは「プラチナジェット」だ。作中で活躍するキャラクターによるユニットどーなつ◎くいんてっとが担当する。宮森あおい(木村珠莉)、安原絵麻(佳村はるか)、坂木しずか(千菅春香)、藤堂美沙(高野麻美)、今井みどり(大和田仁美)である。桃井はるこ作詞・作曲による楽曲がどう歌われるか楽しみなファンも多いだろう。
主題歌CDは2015年2月25日発売、DVDつきの初回限定版1800円(税別)と通常版1200円(税別)の2アイテムとなっている。

さらに1月27日には、ノベライズ『SHIROBAKO イントロダクション』が集英社 JUMP j BOOKSより刊行されることも決まった。気になるタイトルからは、テレビアニメとは違う話が期待出来そうだ。2015年も『SHIROBAKO』の活躍がさらに続きそうだ。

『SHIROBAKO』
http://shirobako-anime.com/

『SHIROBAKO』
(C)「SHIROBAKO」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集