舞台「NARUTO-ナルト-」がキャストを発表 ナルト役・松岡広大、サスケ役・佐藤流司

ニュース

2015年3月21日をスタートに、東京、大阪、福岡、宮城を巡回する話題の舞台であるステージライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の待望のキャストが発表された。主人公・ナルト役にはミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンの遠山金太郎役などで人気の松岡広大、そしてそのライバルであるサスケ役には佐藤流司さんが決定した。
これ以外の主要キャストも発表されている。公式サイトも立ち上がり、2015年春の公演に向けてファンの期待も高まりそうだ。

ステージライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」は、岸本斉史の描く人気マンガ『NARUTO~ナルト~』を原作に舞台化する。2015年3月からアイア2・5シアター東京で上演される。
舞台版はナルトを演じる松岡広大がミュージカル『テニスの王子様』の2ndシーズンで遠山金太郎を演じ人気を呼んだ。アクロバットやダンスが得意の新進気鋭の若手俳優だ。
サスケは佐藤流司。ミュージカル『忍たま乱太郎』、ミュージカル『テニスの王子様』等で活躍する。サクラは伊藤優衣に決まった。現在はTBSドラマ『ごめんね 青春』に出演、2014年はミュージカル『美少女戦士セーラームーン』でブラック・レディを演じた。我愛羅は映画・テレビドラマで活躍の須賀健太である。

また脚本・演出は児玉明子が起用された。宝塚歌劇団出身で、2014年は『ファウスト』の脚本を担当している。音楽は増田俊郎である。『NARUTO-ナルト-』はもちろん、『蟲師』等を手がけ、アニメではおなじみの作曲家だ。
公演にあたっては、歌やダンス、アクロバット、ギミック(特殊演出)も駆使したスペクタクルな舞台を実現する。どんなステージングになるのか、期待が高まる。
ストーリーは里一番の忍者火影(ほかげ)を目指す主人公が、サスケやサクラら仲間たちと数々の試練を乗り越え成長する姿を描く。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1999年から2014年11月まで15年も連載された。連載完結と合せて映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE』を公開、2015年には大型展覧会の開催も予定している。

公演は2014年3月21日に東京で開幕する。大阪、福岡、仙台と続いた後、マカオ、マレーシアのクアラルンプール、シンガポールでの公演も決まっている。2015年は『NARUTO~ナルト~』がアジアを席巻しそうだ。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」
http://www.naruto-stage.jp/

原作: 「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプコミックス刊) 
脚本・演出: 児玉明子 
音楽: 増田俊朗 
[出演]
松岡広大 佐藤流司 伊藤優衣/須賀健太 
君沢ユウキ 平川和宏 市瀬秀和 木村達成/内田朝陽 今村美歩 
伊波杏樹 服部翼 加藤諒 飯山裕太 植田慎一郎 高橋紗妃/梅垣義明 悠未ひろ 

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」
(C)岸本斉史 スコット/集英社
(C)ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2015
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集