「仮面ライダー鎧武」今度の主役は“斬月”と“バロン” Vシネマで新作決定 | アニメ!アニメ!

「仮面ライダー鎧武」今度の主役は“斬月”と“バロン” Vシネマで新作決定

ニュース

2013年から14年にかけて放送された特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』のVシネマ化が決定した。タイトルは『鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』となり、15年4月22日にBlu-rayとDVDがリリースされる。
鎧武と伴に激闘を繰り広げた「仮面ライダー斬月」と「仮面ライダーバロン」を主役にした二つの物語を堪能することができる。テレビ放送終了後も熱い、鎧武ファンにうれしいニュースだ。

『鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』は、テレビシリーズの20話後相当が舞台で、斬月とバロンの知られざる真実を描いたエピソードとなる。斬月/呉島貴虎役の久保田悠来さん、バロン/駆紋戒斗役の小林豊さん、鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳さんをはじめ、メインキャストが出演する。
新フォームや新ライダーの登場も予告されており、劇場版に匹敵する豪華な内容が繰り広げられる。監督は金田治さん、脚本は鋼屋ジンさんと、テレビ版にも携わったスタッフが起用された。

Vシネマは東映が誇るBD/DVD向けのオリジナル企画の劇映画レーベルだ。数々の傑作を生み出してきたが、近年は人気特撮の新作エピソードにも積極的だ。本作もそんな企画のひとつだ。

今回はBlu-ra/DVDのロックシード版(初回生産限定品)には特典として、Vシネマオリジナルの「DX禁断のリンゴ ロックシード」とスペシャルライナーカードを付属する。ロックシード版と通常版のオーディオコメンタリーでは、金田治監督、久保田悠来さん、小林豊さんのトークを楽しむことができる。
価格はロックシード版のBlu-rayが8000円、DVDが7000円、通常盤のBlu-rayが5500円、DVDが4500円(すべて税抜)となる。

『仮面ライダー鎧武/ガイム』は平成仮面ライダー第15作品。脚本に『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄さんを起用したことで大きな注目を集めた。
特報映像では撮影に臨むキャスト陣の意気込みが語られており、ファンの期待を煽る仕上がりを見せている。
[高橋克則]






『鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』
2015年4月22日 Blu-ray・DVD発売
http://www.gaim-gaiden.com/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 仮面ライダー劇場版最新作の予告が公開 ドライブ・鎧武 奇跡の共闘 画像 仮面ライダー劇場版最新作の予告が公開 ドライブ・鎧武 奇跡の共闘
  • 仮面ライダールパン参上!今冬“MOVIE大戦”ゲストに 入場者特典はドライブ第0話DVD 画像 仮面ライダールパン参上!今冬“MOVIE大戦”ゲストに 入場者特典はドライブ第0話DVD

特集