ロサンゼルス批評家協会賞に「かぐや姫の物語」2014年、米国アニメーション映画賞レース大混戦

ニュース

2014年12月7日、米国のロサンゼルス映画批評家協会(The Los Angeles Film Critics Association (LAFCA))は、2014年に最も優れた映画を顕彰するロサンゼルス映画批評家協会賞の各賞を発表した。このうち最優秀アニメーション賞(BEST Animation)に高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が輝いた。
『かぐや姫の物語』は2014年10月17日に米国公開をスタート、批評家、メディアから高い評価を受けている。今回の受賞はそうした現地での評価を反映したかたちだ。

ロサンゼルス映画批評家協会賞は、米国に数ある映画批評家協会賞の中でもニューヨーク映画批評家協会賞に並び最も重要なもののひとつだ。ロサンゼルス地区の映画批評家が投票で受賞作を決める。
長編アニメーションを対象とした賞は、1989年にスタートした。これは米国アカデミー賞やゴールデングローブ賞、ニューヨーク映画批評家協会賞より遥かに長い歴史を誇る。
一方で、25年の歴史のなかで日本のアニメーション映画が受賞したのは、2002年の『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)のみだ。13年振りの快挙だ。
ロサンゼルス映画批評家賞は、毎回最優秀賞とあわせて次点作品も発表する。アニメーション映画の次点は『レゴ・ムービー』だった。

ロサンゼルス映画批評家賞は、米国アカデミー賞の前哨戦としても知られている。今後の賞レースの行方を占う指標のひとつだ。
『かぐや姫の物語』は有力候補のひとつに躍り出たが、それでも賞レースの行方は混とんとしている。すでに発表されているニューヨーク映画批評家協会賞では、最優秀アニメーション賞はすでに今回次点だった『レゴ・ムービー』が輝いている。またナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の最優秀アニメーション映画賞は『ヒックとドラゴン2』だ。アニメーションのアカデミー賞とされるアニー賞では『The Boxtrolls』が13ものノミネートを獲得しトップを走る。そうしたなかで『かぐや姫の物語』がどのような評価を受けるのか気になるところだ。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集