トムス・アニメの50年が横浜へ 放送ライブラリーで企画展や上映会

ニュース

『ルパン三世』や『名探偵コナン』、『それいけ!アンパンマン』など、トムス・エンタテインメントは日本を代表するアニメを数多く作りだしてきた。一方で、近年も『弱虫ペダル』などのヒット作を生み出すなど、日本のアニメに大きな存在感を持っている。
東京ムービーに源を持つ同社のアニメ事業は、2014年で50周年を迎えた。このタイミングに合わせて、トムス・エンタテインメントは数々の記念企画を行っている。

そのひとつが、50年のアニメ制作の歴史を振り返った企画展「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」である。この企画展は、2014年4月に杉並ミュージアムからスタート、その後川崎市市民ミュージアムなどに巡回した。
そして12月11日からは、横浜の放送ライブラリーで展示が始まる。「昭和~平成時代を飾ったアニメたち~『ビッグX』『ルパン三世』、そして『弱虫ペダル』へ~」と題して、作品とその歴史を紹介する。

トムスのアニメ制作は1964年に東京ムービーがテレビアニメ『ビッグX』がスタートになる。その後、数多くの作品が世に送り出された。企画展は展示や上映でこれらを振り返るかたちとなっている。
なかでもこれまでの展示でも好評を博した全幅8メートルにおよぶ制作作品年表が見どころになりそうだ。さらに年代毎にたどれ作品紹介パネル、セル画をはじめとした貴重な制作資料や、主題歌メドレや作品クロニクルなどの映像資料もある。アニメ制作50周年を記念して原作者やクリエイターより寄せられた描き下ろしサイン色紙なども展示する。

また横浜ならではの展示もある。新たな展示物として連載20周年を迎えている『名探偵コナン』のぬり絵コーナーや、最新作『弱虫ペダルGRANDE ROAD』の主要12キャラクターの等身大スタンディと撮影ができるコーナーが設置される。
映像ホールでは1960年代の『ビッグX』から『ガンバの大冒険』『ど根性ガエル』さらに2000年代の『ソニックX』など15タイトルを上映する。作品の幅が広いだけに、子どもだけでなく、親子、さらには三世代で楽しめる企画になるに違いない。

「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」
http://news.tms-e.co.jp/exhibition/

[開催期間]
12月11日(木)~2015年2月15日(日)
10:00~17:00
※休館/月曜日(月祝の場合は翌日休)、年末年始12月29日(月)~1月3日(土)
料金: 入場無料
会場
神奈川県横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内
放送ライブラリー イベントホール・映像ホール・情報サロン
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集