「NARUTO」全700話で遂に完結 2015年春新編「NARUTO」短期集中連載を発表

ニュース

(C)岸本斉史 スコット/集英社 (C)「週刊少年ジャンプ」2014年50号/集英社
  • (C)岸本斉史 スコット/集英社 (C)「週刊少年ジャンプ」2014年50号/集英社
  • (C)「週刊少年ジャンプ」2014年50号/集英社
1999年9月より岸本斉史さんが、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載する人気マンガ『NARUTO-ナルト-』15年間にわたる連載を完結させた。11月10日発売の「週刊少年ジャンプ」50号に第699話と第700話を同時掲載、この第700話が最終話となった。
最終話は岸本斉史さんのもと、24ページ全てをカラーとする最後に相応しい豪華なものとなった。ラストシーンは一体どんなシーンになったのか是非確認したい。

連載は完結したが、『NARUTO-ナルト-』の作品はまだまだいろいろなかたちで続きそうだ。本編完結と合わせて、「週刊少年ジャンプ」50号では岸本斉史さんが2015年春に新編『NARUTO-ナルト-』(仮)を短期集中連載することを明らかにした。
タイトルは仮題で詳細は不明だが、作品を新たなかたちで表現することになりそうだ。今後の詳細情報を待ちたいところだ。

また2014年からは「NARUTO 新時代開幕プロジェクト」も始まっている。そのひとつが、2014年公開の劇場アニメ『THE LAST -NARUTO THE MOVIE -』である。ここではマンガの完結以後の物語が描かれると予告されている。
さらに2015年には大型企画展が開催される。「連載完結記念 岸本斉史NARUTO-ナルト-展」である。こちらも今回、開催会場が東京と大阪であること、そして東京が春、大阪は夏を予定していることが明らかにされている。2015年もまだまだ熱い『NARUTO-ナルト-』のシーズンが続きそうだ。
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集