実写版「パトレイバー」長編劇場版の映像を公開 レイバーとヘリの銃撃戦

ニュース

2014年4月より全7章の上映がスタートした『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、2015年GWに長編劇場版の全国拡大公開が行われる。それに伴い、長編劇場版のフッテージ映像が配信された。
4Kカメラ撮影による高精細映像と、日本映画初のドルビーアトモスによるサラウンド音響で制作された本作に要注目だ。

長編劇場版は警察用レイバーを擁する特車二課パトレイバー中隊と、東京を蹂躙するテロリスト集団が対峙する内容となっている。特車二課の3代目隊員たちはテロリストの暴挙を止めることができるのだろうか。
現在開催中の東京国際映画祭では、グレイゴーストと呼ばれるヘリコプターが出現することが押井守監督の口から明かされた。その言葉通り、フッテージ映像には2体のパトレイバーとメタリックな機体のヘリが銃撃戦を繰り広げるシーンも表現されている。映像は片腕の大破したイングラムが銃口を向けるカットで締められ、ファンの期待を煽るシリアスな内容に仕上がった。



また同時に発表された写真では、新キャストの森カンナさん演じるヘリのパイロット・灰原零の姿も確認できた。押井監督は長編劇場版は女性たちの戦いをテーマに描いたとも語っており、主人公・泉野 明の前に立ち塞がることになりそうだ。いまだ謎の多い劇場版の続報も見逃さないようにしたい。

『機動警察パトレイバー』はマンガ、OVA、映画、小説などメディアミックス展開を繰り広げ、大ヒットを記録した人気シリーズである。その初の実写版となる『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、OVAや劇場版の監督を務めた押井守さんが総監督を担当。長編劇場版では自ら監督も手掛ける。
[高橋克則]

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
/http://patlabor-nextgeneration.com/
シリーズ第5章 10月18日(土)より新宿ピカデリーほか2週間限定イベント上映中
長編版 2015年GW、新宿ピカデリーほか全国公開
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集