これが大人のナルト! 伏線満載の劇場版ポスタービジュアル公開、最後の物語は“愛”を描く

ニュース

11月10日発売号で連載が完結するとの突然の発表で、『NARUTO-ナルト-』が日本だけでなく海外でも大きな驚きを与えている。人気マンガだけにその衝撃も絶大だ。
そうしたなかファンの関心は、2014年12月6日公開の劇場映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』に集まっている。原作者・岸本斉史さんキャラクターデザイン、ストーリーを総監修するのに加えて、映画のためのオリジナルストーリー、さらに原作完結後の物語を描くとしているからだ。

その気になる映画の内容がこのほど明らかになった。映画のポスタービジュアルが公開、さらに映画のあらすじの一部も明かされた。
まずポスタービジュアルでは、かなり大人びた姿のナルトの立ち姿が描かれている。さらに横にはやはり年齢を経た佇まいのカカシ、サスケ、ヒナタ、サクラ、シカマルらがいる。さらにナルトは長いマフラーをつけており、これが今回のストーリーの鍵を握るという。さらに多くのキャラクターが正面を見据えているのに対して、ヒナタのみが横を向き物憂げだ。これも本作の展開を示唆していそうだ。

さらにキャッチコピーでは、「最後の物語は、はじめての愛。」を掲げる。これも意味深だ。壮大なドラマが期待できそうだ。
そしてストーリーは、地球最後の日に向けたカウントダウンから始まるようだ。月が異常接近し、ここのままでは崩壊し、隕石となって地上へと降り注ぐという。ナルトがこの危機を乗り越えられるのかが見どころになりそうだ。

公式サイトで始まった「ナルト ファイナルカウントダウン!」もファンには気になるところだろう。サイトでは『NARUTO-ナルト-』15年の歴史を一挙に振り返り、「名セリフでふり返る ナルト」などがある。
さらに、文字どおりサイト中央で大きくカウントダウンがされている。カウントダウンの目標である0時点は、連載の最終エピソードとなる11月10日発売号の日である。しかし、カウントダウンは通常大きな発表を伴うことが多い。2014年、さらに2015年の新たな一大旋風を予告する『NARUTO-ナルト-』だけに、俄然注目だ。

映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』
12月6日(土)全国東宝系にて公開
/http://www.naruto-movie.com/

[ストーリー]
「月が異常接近!
このままでは月が崩壊し、隕石となって地上へと降り注ぐという最悪のシナリオが待っていた。
地球最後の日に向けたカウントダウンがスタート!ナルトはこの危機を乗り越えられるのか?
ナルト、最後の物語(エピソード)が始動-!!」

映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)劇場版 NARUTO 製作委員会 2014
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集