池袋をコスプレイヤーがジャック! niconicoとアニメイトで「池袋ハロウィンコスプレフェス2014」

ニュース

10月25日と26日に池袋東口エリアにて、大規模なコスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2014」が開催される。しかもこのイベントは、動画配信でもお馴染みの「niconico」と、アニメ関連グッズを販売の大手「アニメイト」が主催する。
アニメファンの間ではほとんど知らない人がいないこのふたつが手を組むだけに、どんなイベントになるのか気にならない人はいないだろう。そのイベントの詳細がこのほど明らかになった。

今回のコスプレイベントは、日本の代表的なサブカルチャーのひとつである池袋を抱える豊島区が、首都圏で唯一消滅可能性都市とされたことに端を発する。そこでコスプレカルチャーの推進により、消滅可能性都市全896自治体の応援のために企画された。
開催場所として、「乙女ロード」を有しサブカルチャーの聖地として女性たちから支持を集める池袋東口エリアが選ばれた。豊島区やサンシャインシティの協力を得ており、コスプレ姿のまま同エリアの約25万2500坪にある様々な商店街、店舗を利用できる。

本フェスティバルは、コスプレを楽しめる様々な企画が用意されている。中池袋公園の特設ステージで行われる「ニコニコ コスプレクション@池袋」では、コスプレイヤーなら誰もが出演、パフォーマンスを披露することが出来る。
「コスプレギャザリング」では、池袋東口のメインストリートにコスプレイヤーの交流をできる場を設置する。本格的にコスプレしている人も、少しコスプレしている人も、同じ好みの仲間を見つけることができる。

そのほか、池袋東口エリアをコスプレイヤーが練り歩く「コスプレパレード」、池袋各地で本格的な撮影会を楽しめる「フォトスポット@池袋」などのイベントが用意されている。各イベントの詳細は、「池袋ハロウィンコスプレフェス2014」の公式ホームページにて確認できる。
当日は「niconico」で生放送も行われる。現地に行けない人もネットでその雰囲気を楽しめる。参加費は、参加、観覧ともに無料。だがコスプレ登録料(カメラ登録・更衣室・クローク利用料込)として500円必要となる。

「池袋ハロウィンコスプレフェス」公式サイト
/http://ikebukurocosplay.jp/
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集