「進撃の巨人展」が大江戸線六本木駅を占拠か? その衝撃のビジュアル

ニュース

「進撃の巨人展」が大江戸線六本木駅を占拠か? その衝撃のビジュアル
  • 「進撃の巨人展」が大江戸線六本木駅を占拠か? その衝撃のビジュアル
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
11月28日から上野の森美術館にて、「進撃の巨人展」がスタートする。諫山創さんが「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気マンガ、そしてテレビ、映画、小説と大きくメディアに広がる『進撃の巨人』の世界観を一挙に披露する大掛かりな展覧会である。
既に発売が開始されているチケットは、開催初日が早くも完売状況だという。美術館の中でも巨人たちが圧倒的なパワーを発揮しそうだ。

そんな「進撃の巨人展」が一足早く、10月6日から東京港区の都営大江戸線六本木駅ホームに進撃する。構内のデジタルサイネージ広告に告知ビジュアルを展開する。
どうやらそのビジュアルがかなり衝撃的なものになりそうな気配だ。人を喰らう巨人たちが多数登場する……と思いきや、そこは不特定多数のかたがたが通る駅構内と一部画像処理を施された。巨人たちの気になる画像は、本記事の掲載写真で是非確認を!もちろん10月6日から一週間は六本木駅でも見つかることも可能だ。
今回の企画は、“「進撃の巨人展」ウォール・トーキョー突破広告第1弾”とされている。今後も世の中を驚かす企画が登場しそうだ。

一方、11月28日からの上野の森美術館で始まる「進撃の巨人展」も、すでに展覧会ならではの企画が多数明らかにされている。
まず、1/1のリアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化が登場する。さらにオープニングシアター「上野、陥落の日」では特別映像を、音声ガイドはアニメ声優によるものと、様々なメディアで作品の魅力を紹介する。もちろん諫山創さんの生原画も多数展示され、特別描き下ろし原画も加わるなど盛りだくさんだ。

「進撃の巨人展」スペシャルサイト
/http://www.kyojinten.jp

「進撃の巨人展」ウォール・トーキョー突破広告第1弾
期間: 2014年10月6日(月)~2014年10月12日(月)
場所: 都営大江戸線六本木駅ホーム

「進撃の巨人展」
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集