「一週間フレンズ。」SPイベント山谷祥生、雨宮天らメインキャスト総出演

イベント・レポート

2014年4月から6月にかけて放送され、切ないストーリーで人気を博したテレビアニメ『一週間フレンズ。』。9月28日(日)には本作のスペシャルイベントが行われ、主演を務めた山谷祥生さん、雨宮天さんらキャスト陣が総出演した。

イベントは昼・夜の2部合わせて約800名のファンが集まった。どちらの部も満員で、放送終了後も冷めやらない『一週間フレンズ。』の人気を証明するかたちとなった。
昼の部では開幕とともに、アーティストの昆夏美さんがオープニング・テーマ「虹のかけら」を披露。爽やかなテーマ・ソングを澄んだ声で歌い上げ、観客を魅了していった。

その後、学校机や教卓など教室風のセットが現れて、チャイムとともに井上先生役を務める間島淳司さんが登場。
出欠確認に合わせて、長谷祐樹役の山谷祥生さん、藤宮香織役の雨宮天さん、桐生将吾役の細谷佳正さん、山岸沙希役の大久保瑠美さん、九条一役の浅沼晋太郎さん、そして香織の母である藤宮志穂役の中原麻衣さんが出演し、会場は暖かい声援に包まれまれた。

まずアニメの名シーンを振り返るトークコーナーがスタート。本編から様々な名シーンの画像が登場し、思い出話を交えながら作品を振り返った。
バラエティコーナーでは学校の昼休み時間をイメージしたトランプゲームで対戦。男子チームと女子チームに分かれ、白熱のバトルを繰り広げた。罰ゲームのお題として、鼻眼鏡をかけさせられた山谷さんが関西弁でしゃべる一幕もあり、笑いの絶えないコーナーとなった。

続いて、山谷さん、雨宮さん、細谷さん、大久保さん、浅沼さんが朗読劇を披露。春休みに遊園地で楽しく遊ぶキャラクターたちの姿を臨場感たっぷりに演じた。アニメのその後を描いたストーリーに、ファンからは大きな拍手が贈られた。
ライブコーナーでは雨宮天さんがエンディング・テーマ「奏(かなで)」をファンの前で初披露。緊張しながらも、透明感のある歌声でしっとりと歌い上げ、会場中がその声に聴き入っていた。
フィナーレでは出演者全員が再登場し、会場に向けて感謝のメッセージを伝えた。トークあり、朗読劇あり、ライブありのイベントは大盛況の内に幕を閉じた。
[高橋克則]

『一週間フレンズ。』
/http://oneweekfriends.com/
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集