タイ、インドネシア、カンボジアが受賞 TGS2014でアセアン キャラクター大賞第1回開催 

ニュース アワード/コンテスト

9月20日(土)幕張メッセ国際会議場にて「ASEAN Character Award 2014」(アセアンキャラクター大賞)の授賞式が開催された。ASEAN諸国から寄せられた合計33作品の中から、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞の受賞作が選出され、トロフィーの授与や作品の紹介プレゼンテーションが行われた。
「ASEAN Character Award 2014」は日本ではまだ広く知られていないASEAN諸国のコンテンツ制作力をアピールするために、本年より設けられたコンテストである。応募の条件はASEAN諸国で発表されたアニメ、マンガ、ゲームなどのキャラクター作品となっており、市場性、新規性、社会性、創造性、将来性をそれぞれ審査して受賞作が選出された。

グランプリに選ばれたのはタイ制作の『BLOODY BUNNY』だ。刃物を手にしたキュートでクールなウサギが活躍する物語で、色鮮やかなグラフィックがキャラクターの魅力を引き立てている。すでにFacebookでは8万人以上のファンを持ち、スタンプの販売数が5000万を突破するなど、幅広い国々で人気を獲得しつつある。
審査委員長を務めた「日経エンタテインメント!」の品田英雄さんは「明確なコンセプトに基づいて制作された完成度の高い作品」と本作を絶賛。「スピード感、力強さは現在の気分やニーズを強く反映しており、今後もさらに伸びる可能性を感じさせる」とグランプリの決め手を明かした。

準グランプリはインドネシア制作の『Hebring』が選ばれた。パワースーツを偶然手に入れた少年が、新米スーパーヒーローとして冒険を繰り広げる物語だ。
「その世界観とストーリーが文化の融合を感じさせられる」との評価を受けた。また「国境を越えて伝わるエンタテイメント性があり、お茶目な演出も素直に楽しめた」という声も上がった。

審査員特別賞は2作品が選出された。インドネシア制作の『salim&silmy』はムスリムの男の子と女の子のキャラクターだ。イスラム圏から誕生したキャラであることをストレートに打ち出して地域性を活用した点や、イスラム圏との付き合い方を教えてくれる作品内容が受賞の理由となった。
もう一つの受賞作「Asva」は、カンボジア制作のスマートフォンゲーム『Asva the Monkey』の主人公。カンボジアの伝統的なオペラに登場する不思議な猿のキャラクターは「カンボジアでなければ生み出せなかっただろう」と審査員も驚かせるほどの独創性に溢れている。ゲーム産業の規模が小さいカンボジアから、繊細なグラフィックを持つコンテンツが送り出された点も受賞を後押しした。

「ASEAN Character Award 2014」を主催する国際機関日本アセアンセンターは、今後も日本企業に対してはASEAN諸国の作品を紹介する機会を、ASEAN諸国の企業に対しては日本でビジネスを展開するチャンスを提供する場の創出を目指していく。
[高橋克則]

国際機関日本アセアンセンター
/http://www.asean.or.jp/

ASEAN Character Award 2014
主催: 国際機関日本アセアンセンター
運営: 有限責任事業組合ASEAN クリエイティブ サポーターズ
後援: 一般社団法人日本オンラインゲーム協会、
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会

審査員
日経BP社 日経エンタテインメント!編集委員 品田英雄
アニメ!アニメ! 編集長 数土直志
ジャーナリスト・コンテンツプロデューサー まつもとあつし
日本オンラインゲーム協会 事務局長 川口洋司
キャラクター・データバンク 代表取締役社長 陸川和男
国際機関日本アセアンセンター 事務総長 大西克邦
《高橋克則》

関連ニュース

特集