イナズマロック フェスが大盛況! 西川貴教主催、“地元に音楽フェスを”で6年目

ニュース

 
  •  
  • イナズマロック フェスが大盛況! 西川貴教主催、“地元に音楽フェスを”で6年目
  •  
  •  
  • イナズマロック フェスが大盛況! 西川貴教主催、“地元に音楽フェスを”で6年目
  • イナズマロック フェスが大盛況! 西川貴教主催、“地元に音楽フェスを”で6年目
  • イナズマロック フェスが大盛況! 西川貴教主催、“地元に音楽フェスを”で6年目
2014年9月13日、14日の2日間、滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場にて大型野外音楽フェス「イナズマロック フェス 2014」が開催された。フェスの動員は各日5万人、合わせて10万人にもなった。
ステージはT.M.Revolution 西川貴教をはじめ人気アーティストが多数登場、さらにお笑い芸人やご当地キャラも登場と総勢70組を超えた。西日本を代表する大型フェスとして存在感を示した。

イナズマロック フェス 2014は大規模なイベントに加えて、もうひとつ注目されていることがある。主催者としてT.M.Revolutionこと西川貴教が名前を連ねていることだ。これは滋賀県出身の西川が2008年10月に滋賀ふるさと観光大使に就任、これを機会に「音楽で地元に恩返しを」「地元のみなさんと滋賀県をアピールしたい」と考え、実現したためだ。
こうしたことからフェスは、地元にちなんで「琵琶湖の水を守ろう」をテーマと持っている。初開催は2009年、今年で6回目という息の長さも特徴だ。

2014年は、「雷神」と名付けられた有料ライブエリアに加えて、無料で楽しめるライブステージ「風神」とご当地キャラクターも登場するステージ「龍神」も設けられた。さらにご当地グルメが並ぶ飲食エリア、滋賀の観光情報紹介・体験エリア、キッズスペースなどもあり、子どもから大人までが楽しめる一大イベントとなっている。
また、イベントに連動し、アマチュアミュージシャンのオーディションも開催された。イナズマロック フェスとEpic Records Japanが共同で開催するもので、準グランプリを獲得した4組がライヴを披露した。

そして、メインステージ「雷神」の熱さは格別だ。1日目のオープニングはももいろクローバーZから、T.M.Revolutionの「INVOKE」をサプライズで披露、「MOON PRIDE」など全5曲を歌いあげた。
T.M.Revolutionはトレードマークの半ズボンに、迷彩柄に蛍光オレンジを効かせた衣装で登場し、「HIGH PRESSURE」、「HOT LIMIT」などを熱唱、May J.が登場し、「last resort」をデュエットする場面も。さらにシド、加藤ミリヤ、黒夢、MINMらが次々にライヴを披露して盛り上げた。

2日目は、イナズマロックフェス出演権を賭けたオーディション「イナズマゲート2013」で優勝したHalf time Oldからスタート。オープニングアクトにSHUN、さらに私立恵比寿中学、Every Little Thing、FTISLAND、でんぱ組.inc、NMB48と幅広いアーティストが次々に登場し会場を沸かせた。
最後はT.M.Revolutionがブラックレザーのハードな衣装に身を包んで登場。さらにスペシャルゲストとして松崎しげるもステージに姿をみせた。
西川は「今年もこの場所でイナズマができることを本当に嬉しく思うと同時に、誇りに思います」「感謝している」「ありがとう」とイベントの成功と、ファンに対する感謝を何度も述べた。

イナズマロック フェス 2014
/http://inazumarock.com/
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集