偽叡山電車現る!? 「有頂天家族」が仕掛けるサプライズ企画とは? | アニメ!アニメ!

偽叡山電車現る!? 「有頂天家族」が仕掛けるサプライズ企画とは?

ニュース

9月20日(土)と21日(日)の二日間、京都・みやこめっせにて京都国際マンガ・アニメフェア2014(京まふ)が開催される。最新のアニメやマンガを広く紹介する秋のイベントだ。
京都の鉄道会社・叡山電鉄は、これと連動した企画「偽叡山電車現る!?」を行う。2013年に放送され人気を博したテレビアニメ『有頂天家族』とのコラボレーションである。

『有頂天家族』は作家・森見登美彦さんが手がけるベストセラー小説が原作である。アニメ本編には叡山電鉄の車両・デナ21形をモチーフにした「偽叡山電車」が登場するなど、京都を舞台とした本作ならではの要素が盛り込まれている。
今回のコラボイベントでは、9月20日(土)から15年1月11日(日)までの期間限定で、叡山電車でお馴染みの車両デナ21形に偽叡山電車の装飾を施して展示を行う。さらにイベント期間中は「有頂天家族×叡山電車」ラッピング車両も運行する。こちらの車両には『有頂天家族』のキャラクターをヘッドマークや車内に施す予定だ。

また9月20日から15年3月31日までの期間中は、本作の1日乗車券(1種類)と入場券(4種類)を販売する。初日には出町柳駅で台紙付きのセットが300枚限定で用意される。レアなアイテムに人気も集まりそうだ。入場券 210円×4種と1日乗車券 1000円のセットで、価格は1840円だ。
さらに出町柳駅と鞍馬駅ではスタンプラリーを実施する。スタンプを二箇所で押すと先着1000名に「有頂天家族×叡山電車」オリジナルステッカーがプレゼントされる。叡山電鉄の公式サイトとTwitterアカウントでは、コラボの最新情報を随時発表していく。

『有頂天家族』は2013年7月にテレビ放送がスタートした。京都を舞台に狸と天狗と人間が入り乱れて繰り広げる奇想天外なストーリーが話題を集めた。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優勝賞を受賞するなど、高い評価を受けた。
[高橋克則]

『有頂天家族』
/http://www.uchoten-anime.com/

叡山電鉄
/http://eizandensha.co.jp/

叡山電鉄 Twitter
/https://twitter.com/eizandensha
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「有頂天家族」イベント関東初進出 有頂天祭’14に豪華出演陣 画像 「有頂天家族」イベント関東初進出 有頂天祭’14に豪華出演陣
  • 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門に「パテマ」「ヱヴァQ」「有頂天家族」「ゴールデンタイム」等 画像 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門に「パテマ」「ヱヴァQ」「有頂天家族」「ゴールデンタイム」等

特集