「時をかける少女」東京国立博物館で制作秘話 渡邊隆史、齋藤優一郎両プロデューサーがトーク

ニュース

アニメ監督の細田守さんは、『おおかみこどもの雨と雪』や『サマーウォーズ』など話題の映画を次々に世に送り出すヒットメーカーだ。しかし、その劇場作品の原点は2006年に劇場公開された『時をかける少女』があるのでないだろうか。
筒井康隆さんのSF小説を原作とした本作は、興行収入は2億6000万円程度と『おおかみこどもの雨と雪』や『サマーウォーズ』よりかなり少ない。しかし、当初20館程度であったが、ファンの口コミから人気を拡大、ヒットにつながった経緯がある。細田守監督の作家性を世に伝えた存在でもある。

そんな劇場アニメ『時をかける少女』が、作中にも登場した東京国立博物館で上映されることになった。博物館が実施する「博物館で野外シネマ」のプログラムに登場する。
会場は東京国立博物館 本館前、10月10日、11日の両日19時からである。会場には巨大スクリーンを設置し、秋の夜に情緒溢れる場所で傑作アニメを楽しむという趣向だ。

『時をかける少女』には主人公のおばが勤めているという設定で東京国立博物館が随所に登場する。そんな縁から「博物館で野外シネマ」の第1回に選ばれた。上映日は博物館の開館時間も22時まで延長される。映画とあわせて展示室も楽しめる。
料金は無料だが、博物館への入館料は必要になる。また、事前申込も不要で、屋外ということもあり人数制限も設けられていない。(雨天時は平成館大講堂(先着380名))

さらに10月10日には、上映に先立ってスペシャルトークショーも行われる。「時をかける少女」制作秘話と題して、渡邊隆史さん(角川書店プロデューサー)、齋藤優一郎さん(スタジオ地図プロデューサー)、そして博物館の研究員の3人が、制作の舞台裏や東京国立博物館取材時の苦労話などをトークする。
渡邊さん、齋藤さんは、『時をかける少女』から現在まで細田監督を支えるプロデューサーである。そんなふたりだけに貴重な話も飛び出しそうだ。こちらは18時半スタートで、同じく無料となる。

「博物館で野外シネマ」
上映作品: 細田守監督『時をかける少女』(2006年、KADOKAWA)
日時: 10月10日(金)、11日(土) 19時~(1時間40分程度)
会場: 東京国立博物館本館前(人数制限無し)※雨天時は平成館大講堂(先着380名)
企画協力: キノ・イグルー
料金: 無料 ※当日の入館料が必要
参加方法: 事前申込不要

「時をかける少女」制作秘話スペシャルトークショー
日時: 10月10日(金) 18時半~(30分程度)
[出演]  
渡邊隆史 (角川書店プロデューサー)
齋藤優一郎 (スタジオ地図プロデューサー)
松嶋雅人 (東京国立博物館特別展室長)
会場: 東京国立博物館 本館前(人数制限無し) ※雨天時は平成館大講堂(先着380名)
料金: 無料(当日の入館料が必要)
参加方法: 事前申込不要

『時をかける少女』
(c)「時をかける少女」製作委員会2006
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集