“アニメーション業界の今が、ここにある。”「SHIROBAKO」水島努とP.A.WORKSが新作オリジナル

ニュース

2014年10月から放送開始するオリジナルテレビアニメ『SHIROBAKO』の制作決定が発表された。8月8日には、ティザーサイトも立ち上がった。監督は『ガールズ&パンツァー』や『おおきく振りかぶって』などの水島努さん、アニメ制作は『花咲くいろは』、『TARITARI』のP.A.WORKSとヒットメーカーが並ぶ。
今回の発表ではスタッフとしてこの監督と制作スタジオの2点、そしてカラフルな色でデザインされたロゴ、オリジナル作品のみである。その内容はほとんど明かされていない。

その詳細は、8月15日から東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット86で明らかになるという。企業ブースNO343のワーナーブースでPV上映されるという。
スタッフ、キャスト、キャラクターデザイン、キャライラスト、内容が一気に公開される予定だ。最新情報をキャッチするためにワーナーブースに足を向けてみるのもいいだろう。

一方で、作品に関するわずかな手がかりもある。キャッチコピーの「アニメーション業界の今が、ここにある。」は、当然本作のストーリーを反映しているはずだ。そしてタイトルの「SHIROBAKO」は、アニメ関係者には馴染み深い用語でもある。
一体、これは何を示すのか?8月15日公開のPVに注目だ。

オリジナルTVアニメ『SHIROBAKO』
2014年10月放送開始
/http://shirobako-anime.com/

[スタッフ]
監督: 水島努
アニメーション制作: P.A.WORKS
*8月15日(金)のコミックマーケット86(企業ブースNo.343ワーナーブースでの上映PV)にて詳細発表予定。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集