劇場アニメ「虐殺器官」「ハーモニー」新PV公開 redjuiceの新イラスト使用 | アニメ!アニメ!

劇場アニメ「虐殺器官」「ハーモニー」新PV公開 redjuiceの新イラスト使用

ニュース

2009年に34歳で故人になったSF作家・伊藤計劃さんのふたつの作品『虐殺器官』と『ハーモニー』が劇場アニメ化され、2015年の公開を目指している。映画は、フジテレビのアニメプロジェクトであるノイタミナムービー第2弾となっている。
劇場アニメ化は、「Project Itoh」と名付けられたプロジェクトを進行中だ。日本だけでなく、世界から注目される作品の映像化だけに今後の展開が注視される。

そうしたなかプロジェクトの一部情報が明らかになった。8月1日より本作の新PVが配信を開始した。このPVでは、新進のイラストレーター・redjuiceさんによる『虐殺器官』と『ハーモニー』の新イラストを用いている。
劇場アニメにredjuiceさんが参加するのかどうか不明だが、ノイタミナの作品のひとつ『ギルティクラウン』のキャラクター原案を務めているだけに、気になる起用だ。



今回のイラストはPVだけでなく、8月8日に早川書房から発売される新装版『虐殺器官』と『ハーモニー』の小説のカバーイラストに用いる。それぞれのビジュアルは『虐殺器官』の米軍大尉クラヴィス・シェパード、『ハーモニー』の霧慧トァン上級監察官が描かれている。
さらに8月1日からは、公式Twitterの運用が始まった。まだまだ未公開情報は多いが、いま一番気になる作品のひとつと言っていいだろう。

「Project Itoh」
原作:伊藤計劃 『虐殺器官』『ハーモニー』(早川書房)
/http://project-itoh.com 

公式ツイッター @PJ_Itoh
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」アニメ化決定 伝説のSF小説が2015年劇場に 画像 伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」アニメ化決定 伝説のSF小説が2015年劇場に
  • 伊藤計劃の短編「The Indifference Engine」がシャーリー・ジャクスン賞にノミネート 画像 伊藤計劃の短編「The Indifference Engine」がシャーリー・ジャクスン賞にノミネート

特集