「寄生獣 セイの格率」10月放送開始 ミギー役に平野綾、島崎信長と花澤香菜もキャストに

ニュース

岩明均さんが描く、伝説的なマンガ『寄生獣』のふたつの映像化企画が進んでいる。ひとつは実写映画『寄生獣』、もうひとつはテレビアニメシリーズの『寄生獣』だ。
このうちテレビアニメシリーズの正式タイトルが『寄生獣 セイの格率』であること、そして2014年10月より日本テレビ他にて放送開始されることが明らかにされた。さらに豪華キャスト、実力派スタッフが並ぶなど、その制作に相当の力が入っていることが窺われる。

まず、大きな話題を呼びそうなのは、主人公・新一の右腕に寄生することになるパラサイトのミギーの声優を担当する平野綾さんだろう。『涼宮ハルヒの憂鬱』のハルヒ役、『FAIRY TAIL』のルーシィ役などで知られる人気声優だが、今回は奇妙な異形の生き物に挑戦することになる。
また、ミギーと共存する新一役に島崎信長さん、新一の同級生で幼馴染の村野里美役に花澤香菜さんを起用する。人気抜群の声優を並べた。

アニメ制作は、長年ハイクオリティのアニメを多数世に送り出し来たマッドハウスである。監督は清水健一さん、シリーズ構成は米村正二さんが担当する。
キャラクターデザインの平松禎史さんは、『彼氏彼女の事情』、『アベノ橋魔法☆商店街』のキャラクターデザインなどで知られる。可愛い女の子のデザイン、そしてアニメーターとしての仕事には定評があり、実力派の投入になった。

『寄生獣』の原作は、岩明均さんが1989年から1995年にかけて「アフタヌーン」(講談社)にて連載されたマンガだ。累計1100万部を突破する人気を誇る。
平凡な高校生である泉新一が、突然地球に飛来したパラサイトに右腕に寄生されるものの、脳への寄生は免れるため奇妙な共生生活を送ることになる。やがて新一は、人間とパラサイトの戦いに巻き込まれるが、その中でどんな価値観を持つべきか迫られる。

アニメ化と同時に発表された実写映画は、新一役を染谷将太が演じる。こちらは2部作で、第1部が11月29日、第2部『寄生獣 完結編(仮)』が2015年に全国東宝系で公開となる。実写版ミギーのキャストは近日発表予定だ。

『寄生獣 セイの格率』
日本テレビ他にて10月より放送開始
/http://www.kiseiju.jp/

[キャスト]
ミギー: 平野綾
泉新一: 島崎信長
村野里美: 花澤香菜 ほか

[スタッフ]
原作: 岩明均(講談社「アフタヌーン」)
監督: 清水健一
シリーズ構成: 米村正二
キャラクターデザイン: 平松禎史
総作画監督: 小丸敏之
美術監督: 赤井文尚
色彩設計: 橋本賢
撮影監督: 伏原あかね
CG監督: 福士直也
編集: 木村佳史子
音楽 :Ken Arai
音響監督: 山田知明
アニメーション制作: マッドハウス

『寄生獣 セイの格率』
(C)岩明均/講談社・VAP・NTV・4cast
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集