ディズニー最新作「ベイマックス」、公開前に日本でマンガ連載 「週刊少年マガジン」に掲載

ニュース

12月20日に全国公開のディズニーの最新アニメーション映画『ベイマックス』が、日本ならではの展開をする。本作が日本でマンガ化され、マンガ雑誌で連載される。
まずエピソード0が8月6日に発売される「週刊少年マガジン」36・37合併号(講談社)に掲載される。さらに、その後8月20日からは「マガジンSPECIAL」で連載をスタートする。

ディズニー映画では『塔の上のラプンツェル』や『ウォーリー』などのアニメーション、実写では「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどがこれまでにマンガ化されている。しかし、いずれも単発作品で、映画本編の前日譚を描くエピソード0や世界に先駆けてのストーリー公開、マンガ連載は今回が初となる。
近年、アニメや映画と連動したマンガ展開はますます広がっている。しかし、ディズニーが本格的に日本マンガに取り組むのことは、大きな関心を呼び、話題となりそうだ。

『ベイマックス』は、ディズニーが届けるCGアニメーションの最新作だ。舞台となるのは、サンフランシスコと東京を融合させた架空都市サンフランソウキョウである。また作品に登場するケア・ロボットのベイマックスも、日本的なデザインが参考にされている。さらに本編では街並みや建物の様子など、様々なところに日本要素が盛り込まれている。日本からも見ても馴染み深い作品となる。
今回のマンガ化は、そんなモチーフさらに活かすため企画された。本作のドン・ホール監督は「日本にインスパイアされた『ベイマックス』を、マンガを通して世界に伝えたかった」と明かす。

マンガ化にあたっては、実力派スタッフが参加している。作画は「週刊少年マガジン」で連載された『ファイ・ブレイン 最期のパズル』の作画も担当した上野春生さんを起用している。
「ベイマックスは可愛くて美味しそうなフォルムで子供たちからお年寄りまで親しみやすいキャラクター。マンガ版の読者の方にも親しんでもらえたら嬉しい」と、今回の取り組みにも意欲的だ。

『ベイマックス』
/http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/baymax
2014年12月20日(土)全国ロードショー
監督: ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 製作: ロイ・コンリ
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
原題: Big Hero 6 全米公開: 2014年11月7日
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集