堀江貴文×石川光久「攻殻機動隊を巡るトークセッション」 前編

インタビュー

『攻殻機動隊』が今年で25周年を迎えた。士郎正宗の描き出した世界が、今なお色あせることなく多くの人々に影響を与え続けている事実には驚嘆するばかりだ。また、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』に端を発したアニメ作品が現在まで作り続けられていることにも、『攻殻機動隊』というコンテンツのもつ強度を実感させる。
25周年という節目は新シリーズ、『攻殻機動隊ARISE』の制作を持って迎えられた。公安9課が立ち上がる(=ARISE)までの軌跡を若き草薙素子らと共に描いた本作は全4話の作品として企画され、現在border:2までが上映公開、間もなくborder:3が上映開始となる。
『攻殻機動隊』25周年、そして『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』の上映開始を記念し、堀江貴文さんとProduction I.G社長・石川光久さんの対談を行った。ITのみならず膨大な知識をもつ堀江さんと石川社長の際限なきトークセッションは、『border:3』に深くリーチする内容となった。
[取材:アニメ!アニメ!編集部 構成:細川洋平]

□ 石川光久(いしかわ・みつひさ)
Production I.G代表取締役社長。1958年東京都生まれ。竜の子プロダクションを経て1987年アイジータツノコ(現Production I.G)を設立。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』をはじめ、数々のアニメーション作品を制作。

□ 堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年生まれ。ライブドア元代表取締役社長CEO。主な著書に『ゼロ-なにもない自分に小さなイチを足していく-』(ダイヤモンド社)『収監なう。(シリーズ)』(文藝春秋)がある。

『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
2014年6月28日(土)全国劇場上映【2週間限定】
/http://www.kokaku-a.jp/

■ アニメーションの未来

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
堀江さん普段はアニメをご覧になりますか?また思い出に残っている作品などはありますか?

abesan―堀江貴文氏(以下、堀江)
普通の人よりは見てると思います。ただ、ヘビーユーザーではないですね。好きな作品は『王立宇宙軍 オネアミスの翼』です。

―AA
『攻殻機動隊』はご覧になってますか?

―堀江
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は見ました。

―AA
アニメは「クールジャパン」という名の下に海外まで広く知れ渡り、日本文化としての認知度も高まっています。堀江さんはアニメに対してはどうお考えですか?

―堀江
アニメは昔の作品でもリメイクして今の最新技術でおもしろく見れたりするからいいなと思いますね。『新劇場版ヱヴァンゲリヲン』みたいにですね。
あと僕はアニメーターの人材育成が気になってるんですよ。「アニメを作りたい」という話を誰かとした時に、「動く絵をキレイに描ける人は日本に数人しかいない」って話をされたんです。「宮崎駿は動く絵をキレイに描けるからすごいんだ。ところがそんな人は何人かしかいない。結局そういう人がヒット作を生み出すんだけれど、アニメーションの動きをイメージしながら絵コンテや絵をキレイに描ける人がいない」。それは本当なんですか?

abesan ―石川光久氏(以下、石川)
宮崎さんは「歪み」を描ける人ですよね。それはコンピューターでは描けない線なんですよ。歪みが描けるかどうかは感性によるところが大きい。特にうまいと言われる人は「歪み」が描ける人ですね。
レイアウトでも、写実性ではなく見た人に感情移入させるような構図を描ける人は本当にすごい。そういう人は確かに少ないと思います。しかも教えて育てられるような技術じゃないんですよ。

―堀江
そうなんですか。

―石川
かつて『AKIRA』(1988年公開)を一線で作ったアニメーターはまさにうまいと言われる人たちでした。ほとんどが当時20代の若い人たち。堀江さんが挙げていた『オネアミスの翼』も若い人たちで作っているんですよ。
でもいまは『AKIRA』とまるきり同じものを作ろうと思っても、もう作れないんです。昔の手法はもう使えないですしね。昔はみんな睡眠時間をギリギリまで削って絵を描いて、お金の代わりに米を支給したりして「よしみんなやるぞ!」とやっていました。そうしたことはいまの時代には無理ですよね。
もちろん鉛筆からタブレットへ技術が変わっていく中で、CGを駆使する「巧い人間」は出てきているんです。ただ、昔気質のゴリゴリ鉛筆で描くようなアニメーターは出てこないでしょうね。時代が変わるのは、単純に「技術が向上したから今は昔よりいいものが作れる」のではなくて、時代との感性・技術にふさわしい作品が生み出される、ということです。おもしろい作品かどうかはまた別の問題になると思いますけどね。

fd

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集