ヱヴァンゲリヲンと日本刀展、パリで開幕  日本の伝統とポップカルチャーの融合を披露 | アニメ!アニメ!

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展、パリで開幕  日本の伝統とポップカルチャーの融合を披露

ニュース

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(c)カラー
日本の伝統とポップカルチャーの融合で、国内で多くの来場者を集めた「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が今年4月より海外に乗り出した。海外巡回展第一弾となるパリ展が、4月30日より国際交流基金パリ日本文化会館にて開催されている。
同展は2012年に岡山県の備前長船刀剣博物館よりスタートし、これまで国内9か所にて30万人以上を動員した人気の企画展である。この好評を受けて、2014年より海外巡回展を開始している。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」は、「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの世界観に全国の刀匠たちが挑んでいる。ロンギヌスの槍やプログレッシブナイフなどを、作中に登場するアイテムからインスピレーションを受けた計20点を展示する。
そのほか鎌倉から江戸時代の刀工による名刀や刀装具、さらにはキャラクターの等身大のフィギュアや複製原画パネルなど、日本古来の伝統とポップカルチャーを併せて紹介する多種多様なラインナップとなった。

30日の展示会初日には、フランス人の来館者はもちろん、現地在住の日本人や観光客など国籍、老若男女を問わず多くの人が訪れた。日本刀の歴史の解説を熱心に読み込む観覧者も多く、その関心の高さが伺えた。
本展の作品を担当した装剣金工師(刀身彫刻)の木下宗憲さんによる講演を実施した。60名の定員は2回とも満員となった。デモンストレーションでは実際に刀身への彫刻が行われた。細微な龍を彫り進める匠の技は会場を大きく賑わせていた。

平日にも関わらず好調な滑り出しを見せたパリ展は6月21日まで開催、パリっ子に楽しまれる。終了後、会場をスペイン・マドリードに移す。マドリード展は7月5日から9月28日までABCミュージアムにて開催される。
日本の伝統文化と人気のアニメ作品がヨーロッパでどのように受け入れられるのか。今後の動向にも注目していきたい。
[高橋克則]

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」
/http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1401/01-03.html

パリ展
会期: 2014年4月30日(水)~6月21日(土)
会場: 国際交流基金 パリ日本文化会館(フランス・パリ)

マドリード展
会期: 2014年7月5日(土)~9月28日(日)
会場: ABCミュージアム(スペイン・マドリード)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • ヱヴァンゲリヲンと日本刀展がヨーロッパ上陸 春にパリ、夏にマドリード 画像 ヱヴァンゲリヲンと日本刀展がヨーロッパ上陸 春にパリ、夏にマドリード
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が遂に東京に 新プロジェクト「刀野薙-NATAYANAGI-」も始動 画像 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」が遂に東京に 新プロジェクト「刀野薙-NATAYANAGI-」も始動

特集