6月28日より劇場上映を開始する『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』の新キャストが発表された。アキラ役に鈴木達央さん、サイード役に久川綾さん、エマ役に茅野愛衣さん、イシカワ役に咲野俊介さんとなっている。
本シリーズは、これまでの攻殻機動隊の前日譚を新たに描く野心作である。は士郎正宗さんの原作をもとに、黄瀬和哉さんが総監督・キャラクターデザイン、冲方丁さんがシリーズ構成・脚本を担当など、豪華スタッフが結集している。従来のキャストを一新したことでも話題を呼んだ。

そうしたなかで決まったあらたなキャストだけに注目される。鈴木達央さんが演じる新キャラクター・アキラは、草薙素子の恋人である。オーダーカスタム専門の義体技師として素子の新たなる一面を引き出す。
また久川綾さん演じるサイードはクザン共和国の国営水企業の代表、茅野愛衣さん演じるエマは501機関がスカウトした新たなエージェントになる。

今回の発表に際し鈴木達央さんは
「シリーズを通して見ても、素子が心を許す相手っていうのはすごく限られているんですが、ホセは彼らの原点となる人物だったのかな」と分析している。また「『border:3』の素子はふつうの女の子っぽい表情が出て来ます。この先の無機質でクールな素子を知っているだけに、今回のような一面が見られるのは財産だと思います」といった本作の見どころや「『border:3』の素子はすごくかわいいんですよ。真綾さんといっしょに芝居をして最終的に思ったのは『素子ってちゃんと花が似合う女性だったんだな』ということです」と語る。素子の素性にもコメントしている。
[真狩祐志]

『攻殻機動隊ARISE』
http://www.kokaku-a.jp/
2014年6月28日(土)より、『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9ほかにて全国劇場上映 《animeanime》