剣心役はくまモンに交代 「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」新ポスター公開中

ニュース

2012年の大ヒット映画『るろうに剣心』の続編が2部作になって今夏に復活する。8月1日に「京都大火編」、9月13日には「伝説の最期編」が全国公開となる。
本編完成を目前に控え、なんと新・剣心役にくまモンが大抜擢。主演の佐藤健さんと交代することが発表された。くまモンは本作が映画初主演となる。

今回の起用は、熊本ロケ時の陣中見舞いでくまモンと大友啓史監督が意気投合したことがきっかけである。くまモンの才能に惚れ込んだ監督が「くまモンの"剣心"が見てみたい!」とオファーしたところ快諾され、正式に出演が決定した。
この急展開に佐藤健さんは「熊本ロケでお会いしたとき、確かにくまモンは体のキレが良いなと思っていたんです。でもまさかこんなことになるとは…。ポスター撮影までしていたなんてびっくりです。」とコメントし、悔しさをにじませ主演から身を引いた。
また、突然の主演交代を知らされた志々雄真実役の藤原竜也さんも「えっ!? このタイミングでですか?」とやや困惑。だが「くまモンならできると思う。僕も最狂の敵として、受けて立ちます!」とその演技力に期待を寄せていた。

一方、映画初主演が決まったくまモンは「映画に主演することは夢だったから嬉しいモン!」と喜びを爆発させた。プレッシャーについては問われると「全然!だってやりたかったんだモン!毎日くまモン体操をやっているから大丈夫!」と大ヒット作の続編という重圧は感じていない様子。
ヒロインの武井咲さんとの共演については「夏に会ったときに"かわいい!"と言ってもらったし、息もばっちりだモン!」と語り、本作ならではのアクションシーンにも自信をのぞかせた。海外でも評価の高い本作での主演デビューとあって「ハリウッドのアクション映画にも出てみたいモン!」と今後の俳優としての展望も明かした。

エイプリルフールに合わせ、公式サイトはすべてくまモン主演仕様に模様替え。全国の劇場にはくまモンで再撮されたポスターが発送され、スタッフが張り替え対応に追われているようだ。
[高橋克則]

『るろうに剣心 京都大火/伝説の最期』
/http://www.rurouni-kenshin.jp

[エイプリルフール企画Q&A]
熊本県観光課/ワーナー・ブラザース映画

1.なぜ映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」とコラボするのですか?

平成24年7月からフィルムコミッション活動を実施しており、当該映画は初誘致映画である。日本全国でロケをしているが、本県が最大のロケ地とのことである。「るろうに剣心」のイメージカラーは赤であるため、本県がすすめている「くまもとの赤」ブランドともまさしく合致する。
本作品のヒットは万田坑、八千代座、法の館というロケ地情報のみならず、本県のPRにも合致するということでタイアップすることとした。原作者が主人公のモチーフの一人は熊本出身の河上彦斎だと語ったこともあり、縁を感じる。

2.コラボ企画第1弾とありましたが、今後の展開は?

「京都大火編」が8/1(金)、「伝説の最期編」が9/13(土)の公開であるため、4月以降第2弾、第3弾と随時情報提供していく予定。詳細についてはまだ回答できないが、期待していただきたい。

3.くまモンの衣装が本格的ですが、制作費及び製作期間はどのくらいですか?

採寸~仮縫い~フィッティングとスタッフが何度もくまモンを訪ね、実際の衣裳を忠実に再現。製作期間は約3カ月。特注の草履までフルオーダーし、制作費30万円と聞いている。今後この衣装でマスコミ前に登場することも増えると思う。来年のくまモン誕生祭のファッションショーの目玉になるのではとくまモンも喜んでいる。
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集