「甘城ブリリアントパーク」ティザービジュアル公開 京都アニメーション最新作

ニュース

2014年内のテレビアニメ化が決定している『甘城ブリリアントパーク』のティザービジュアルが発表された。
そのビジュアルは、寂れたテーマパークの風景が印象的な一枚に仕上がった。日本一残念な遊園地の再建に挑む異色作に期待したい。

『甘城ブリリアントパーク』は、富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より刊行中のライトノベルが原作だ。
著者は「フルメタル・パニック!」シリーズを送り出したヒットメーカーの賀東招二さん。監督は『らき☆すた』、『氷菓』の武本康弘さん、アニメ制作は『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』の京都アニメーションが務める。

武本監督は『フルメタル・パニック? ふもっふ』や『フルメタル・パニック! The Second Raid』をアニメ化した経験を持つ。賀東さんは同作で原作者としてだけではなく、シリーズ構成・脚本としても作品に関わった。お互いに手の内を知っている間柄だけに、今回も充実したアニメ化を堪能できそうだ。
3月23日に開催されたAnimeJapan 2014のKADOKAWAブースでは、賀東さんと武本監督が登壇し、トークショーを行った。今後明かされているスタッフやキャストの詳細にも注目していきたい。

謎の美少女転校生・千斗(せんと)いすずから強引に遊園地デートの誘いを受けた可児江西也(かにえ せいや)。わけもわからず連れて来られたのは、ダメダメなサービスの日本一残念な遊園地・甘城ブリリアントパークだった。
その支配人だという“本物の”お姫様・ラティファに引き合わされた西也は、なぜか閉園の危機にあるパークの再建を託されてしまう……。原作・賀東招二、監督・武本康弘、制作・京都アニメーションという強力タッグが贈る閉鎖寸前ワンダーランド・コメディ。
[高橋克則]

『甘城ブリリアントパーク』原作特設サイト
/http://amaburi.jp/

[スタッフ]
原作: 賀東招二(KADOKAWA/富士見ファンタジア文庫刊)
原作イラスト: なかじまゆか
監督: 武本康弘
アニメーション制作: 京都アニメーション
《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集