実写版「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」 ポスターと予告が公開

ニュース 映画/ドラマ

人気マンガの『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』は、2014年1月にスタートしたテレビアニメも好評なラブコメディだ。その実写映画が5月17日から全国公開をスタートする。
今回その新しいポスタービジュアルと予告編が発表された。本作はR-15指定となっており、どちらも少し刺激のある出来映えとなった。

実写映画版は、青山裕企さんの初監督作品としても注目を集めている。『スクールガール・コンプレックス』や『絶対領域』など、制服姿の少女をモチーフにした写真集で人気を誇っている。
ポスターでは主人公・神前美月を演じる橋本甜歌さんを青山監督自身が撮りおろした。予告編では橋本さんが美月として歌っている主題歌「HOW'S IT GOING?」が初披露された。楽曲のプロデュースは「iTunes Best Of 2013ベスト・ニューアーティスト」にも選ばれたtofubeatsさんが担当する。作品の雰囲気を見事に彩った青春のトキメキを感じさせるラブソングに仕上がった。気になる予告映像は、公式サイトで確認出来る。
3月8日からは青山監督が撮り下ろした生写真付き特別前売鑑賞券が上映窓口にて販売される。全8種類が用意されており、どの写真が当たるのかも気になるポイントだ。

『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』は松沢まりさんが「月刊ドラゴンエイジ」(KADOKAWA 富士見書房)にて連載中のマンガが原作だ。両親の再婚で義理の兄妹になった神前夕哉と神前美月の二人を中心に展開する。
ある日、自称幽霊の少女・寿日和が現れて、美月に取り憑いてしまった。彼女を成仏させるための条件は、夕哉とラブラブすること。さらに恋愛しないと死んでしまう変な器具まで付けられてしまい……。はたして妹・美月の運命はどうなる!?
[高橋克則]

映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』
5月17日(土)池袋シネマ・ロサほか全国公開
/http://imocyo.jp/

原作: 松沢まり (KADOKAWA 富士見書房刊)
監督: 青山裕企 伊基公袁
脚本: 伊基公袁 港岳彦
出演: 橋本甜歌 小林ユウキチ 繭 矢野未夏 葉山レイコ
主題歌: 神前美月 「HOW'S IT GOING?」(SPACE SHOWER MUSIC)
配給: KADOKAWA
《高橋克則》

関連ニュース

特集